特殊切手

【10円切手が高い!】第一次国立公園シリーズ「吉野熊野切手」の買取価格

投稿日:

戦後に発行された第1次国立公園シリーズ「吉野熊野切手」がどの程度の値段で売れるか、またどこで売れば良いのか迷っていませんか?

切手の買取相場をしっかりと把握しておくこと、そして適切な買取店に切手を売ることで、さらに高い金額で切手を売ることもできますよ。

この記事では吉野熊野切手の買取相場だけでなく、どこで売れば一番高く売れるのかを検証してまとめています。

切手を売る際に参考になりますのでぜひ最後までお読みください。

 

1.吉野熊野切手の買取価格はいくら?

吉野
熊野
切手
使用済 未使用 50枚
シート
2円 30円
〜90円
40円
〜120円
2,000円
〜7,000円
5円 80円
〜200円
160円
〜500円
1万円
〜3万円
10円 600円
〜1,800円
800円
〜2,000円
4万円
〜13万
16円 200円
〜600円
300円
〜1,000円
2万円
〜6万円

吉野熊野切手の買取金額は上記のようになっていました。

1949年はすでに戦後の時代のため、やや戦前に発行された国立公園シリーズよりも金額が下がっている傾向にあります。

しかし額面によってはかなり価値の高いものもあるため、持っている切手の種類によってどれくらいの金額で売却できるかが変わってくるでしょう。

 

高く売れるのは「とろ八丁」10円切手

出典:メルカリ

一番高く売れるのは4種類の額面の中で「とろ八丁」の図面の10円切手です。

とろ八丁10円切手は発行枚数が10万枚と2円と5円切手と比べるとかなり少ないため、稀少性が高いのです。

使用済みでも1,000円を超えることがありますし、未使用品は2,000円を超えることもあります。

さらに50枚シートは4万円以上で売れる可能性があり、美品であれば10万円以上の金額で売れることも。

吉野熊野切手の中でも10円切手を持っていればラッキーですよ。

 

みほん切手を持っていればさらに高く!

みほん切手とは、切手の真贋鑑定のために作られた限定品の切手でプレミアがついています。

未使用のバラ切手よりも買取金額がかなり高くなり、4種の額面をコンプリートしたみほん切手を査定に出したところ、なんと1万円以上の買取になったというデータもありました。

表面に「みほん」と印刷してある切手は偽物ではなく価値の高いものなので捨てたりしないように注意が必要。

思わぬ金額で売れる可能性がありますよ。

 

バラとシートどちらが高い?

切手買取業界においては、バラとシートではシート状の切手の方が高く売れると言えるでしょう。

特に10円の50枚綴りシートを持っていれば合計10万円以上の金額で売れる可能性もあります。

また4種類の切手が一枚の台紙に印刷された小型シートというものがあれば1,000円程度の金額で売れますよ。

基本的にシートの方が切手は高く売れるので、切り離して個別に査定に出すよりもお得です。

ココがポイント

後ほどご説明しますが、一部の使用済み切手は未使用切手よりも高い金額で売れることもあります。

 

2.吉野熊野切手をバイセル・福ちゃんで売るとお得!

なるべくお得に吉野熊野切手を売りたいならばバイセルや福ちゃんを利用してみてください。

バイセルも福ちゃんも査定料が無料なので、見積もりを取ってみて納得がいかなければ無料でキャンセルをすることも可能。

さらに出張買取や宅配買取を全国で対応しているので、家から出る交通費も手間もかからないのが嬉しいポイントです。

もちろんどちらも切手の買取の評判や買取金額の基準はトップクラス。

安心して吉野熊野切手の買取を任せることのできる買取店です。

 

2店舗以上で査定は必須!

バイセルや福ちゃんを利用する際はどちらにも査定を依頼して、見積もりを見比べてみてください。

もちろん他にも買取店の候補があるなら無料見積もりのサービスを利用するべきだと言えます。

切手買取は会社ごとに設けている基準や査定員の状態の判断で金額に差が出やすいので、金額をしっかりと見比べてから売らないと損をすることもあるのです。

2社以上で見積もりを取っておけばどこが一番手持ちの切手を評価してくれる買取店か一目瞭然。

少しでも高く吉野熊野切手を売りたい方は2店舗以上で見積もりを取り、金額を比べてから売りましょう。

 

高額査定を狙いたいならバイセルがおすすめ!

バイセルは業界でもトップクラスの買取金額の基準を持つ切手買取店です。

口コミ評判を見ても「予想していたよりも高い金額で買取になった!」という声が多いので安心。

査定にかかる料金がかからない、そして出張買取も申し込みからすぐに対応してくれるスピーディな対応も強みです。

バイセルのポイント

  • 口コミ・評判をチェックすると金額面での満足度が高い
  • 無店舗経営を行うことで余分な経費をカットし、買取金額に回すことができる
  • 全国にスタッフを配置しているので申し込みから最短30分と短い時間での査定が可能

バイセルの無料査定はコチラから

 

スムーズで丁寧な対応がいいなら福ちゃんがおすすめ!

福ちゃんは非常に丁寧な接客をしてくれて、査定の流れもスムーズに行くと評判の良い買取店です。

福ちゃんは古物買取実績が合計で200万点を超える買取店で、切手の買取実績についても申し分なし。

もちろん切手買取の金額についても評判が良く、接客面でも金額の面でも満足できる買取ができるでしょう。

福ちゃんのポイント

  • 査定の説明が丁寧で価格にも満足したなど顧客満足度が高い買取店
  • 国内外に独自の販売ルートを持っているため、なるべく高い値段で切手を買取してくれると評判
  • 宅配買取・出張買取が可能なので忙しい方でも家から出ずに切手を売ることが出来る

福ちゃんの無料査定はコチラから

 

3.吉野熊野切手とは?詳細を紹介!

1949年4月10日、第1次国立公園シリーズの中の1枚として戦後の時代に初めて発行されたのが「吉野熊野切手」です。

切手の図案として採用されているのは吉野国立公園で、平成16年には世界遺産にも登録されている雄大な原生林です。

第一次国立公園シリーズは1936年から20年もの長期にわたって発行された切手で、価値が高いのは特に戦前のものと言われています。

1949年は日本がまだGHQの占領を受けていて戦後の混乱も収まらない時代、戦後発行の国立公園シリーズ切手の中では比較的高値で売れる切手です。

 

額面は2円・5円・10円・16円

吉野熊野切手の額面は2円、5円、10円、16円の4種類の額面で発行されました。

発行枚数は2円切手と5円切手が500万枚、10円切手と16円切手が100万枚と戦前の国立公園切手に比べて発行部数は増量傾向に。

ココがポイント

戦前切手の額面の分類は2銭・4銭・10銭・20銭の4種類でした。戦後になってからは額面が改定されています。

1949年はそれまで通信事業を統括していた逓信省がなくなり、郵政省が新しく発足した年でもあります。

この年に郵便料金は今までの4倍に引き上げられ、ハガキが2円、封書が5円で送られるようになりました。

 

それぞれの図案はどんなもの?

出典:環境省HP

切手の図案は吉野熊野国立公園の中でも、特に美しい情景をピックアップしてデザインに採用しています。

2円切手は「獅子岩」、5円切手は「大峰山」10円切手は「とろ八丁」16円切手は「猿杭岩」の写真です。

獅子岩は三重県の七里御浜沿いにある獅子の形をした岩山で、波が岩にぶつかることでこの形状を作ったと言われています。

大峰山は奈良県の南部にある山で、古くは1,000年前から修験道の者の信仰の対象となっていました、現在でも女人禁制の神聖な山とされている土地です。

瀞八丁は和歌山県と奈良県の間にまたがる峡谷で、深い緑の水が広大な岩の間を流れる様子が美しい日本屈指の渓谷です。

橋杭岩は和歌山県にあり、直線上の岩が立ち並んで橋のように見えることから「橋杭岩」と名付けられました。岩の間から朝日が上る様子が非常に美しいと言われていて日本の朝日百景にも選ばれた場所だそうですよ。

 

一部使用済み切手の価値が高い

冒頭のデータを見ても使用済みの方が未使用品より安い値段になっていますが、一部の使用済み切手ではその限りではありません。

価値が上がるポイントは消印で、過去に「トビ色機械印で大阪中央」の消印があるものは使用済みながら1枚4万円で買取されています。

そのほか切手の中に曲名や日付などが全て収まるように消印が押された「満月印」のものなども、使用済みではありますが価値が高いです。

消印が押してある切手でもその種類によっては高値で売れる可能性がありますよ。

 

4.吉野熊野切手は金券ショップで買い取ってもらえる?

近くにある金券ショップに吉野熊野切手を売りたいけど、高く売れるのかな?と思っている方もいるでしょう。

結論から言うと金券ショップで売るよりも切手買取専門店で売る方が高い値段で売れそうです。

そのほか切手買取専門店を利用した方が便利な点も紹介するので、検討する材料にしてみてくださいね。

 

金券ショップの買取相場は額面の8割

金券ショップの切手買取相場はだいたい額面の8割程度です。

もともと切手や商品券などを安めの値段で換金し、それを高く転売することで利益を得る業態なので額面以上の金額は期待できません。

高く売りたいなら金券ショップよりもバイセルや福ちゃんのような買取専門店に依頼した方が間違い無いでしょう。

 

使用済み切手が売れないことが多い

出典:モバオク

チェーン系の金券ショップだと特に使用済み切手が売れないことが多いです。

金券ショップは現行の切手は換金できますが、使用済み切手は扱わない店舗も多いのが理由の1つ。

先ほど紹介したような価値の高い使用済み切手が認められない可能性もあります。

どうしても金券ショップを利用したい場合は「切手に精通した」金券ショップを探して利用する方が良いでしょう。

 

金券ショップよりも買取店を利用した方が楽でお得

金券ショップでも吉野熊野切手を売ることは可能ですが、結論的に買取店を利用した方がお得です。

というのは結果的に切手買取専門店の方が切手が高く売れる可能性が高く、また使用済み切手でも価値のあるものなら買取してもらえるからです。

使用済み切手は専門店に、未使用切手は金券ショップに売るという風に売却先を分けるのは何かと手間ですよね?

バイセルや福ちゃんなら切手の査定料も無料、使用済み切手の価値もきちんと見定めてくれるのでおすすめです。

 

バイセルの無料査定はコチラから

 

福ちゃんの無料査定はコチラから

-特殊切手

Copyright© 【全10社比較】切手買取おすすめランキング|口コミ体験談から学ぶ賢い売り方 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.