特殊切手

【使用済みも価値大】第一次国立公園シリーズ「富士箱根切手(1949年)」の買取価格

投稿日:

日本一の山、富士山は実は第一次国立公園シリーズの中で2回も切手の意匠として採用されています。

今回は戦後に発行された富士箱根切手の買取相場、そしてどこで売るのが正解なのかを検証してまとめました。

富士箱根切手は戦後発行であっても価値が高いので、適切な買取店選びは非常に重要です!

この記事を参考にして買取相場、買取店選びのリサーチの手間を省いてくださいね。

 

1.富士箱根切手(戦後)の買取価格は?

出典:メルカリ

富士
箱根
切手
(戦後)
使用済 未使用 20枚
シート
小型シート
2円 60円
〜150円
100円
〜500円
1万円
〜3万円


2,000円程度

8円 70円
〜200円
160円
〜500円
1万円
〜3万円
14円 20円
〜60円
60円
〜200円
4,000円
〜1万円
24円 30円
〜90円
300円
〜800円
2万円
〜5万円

第1次国立公園シリーズでは富士箱根切手が二度発行されていて、今回リサーチしたものは戦前発行の富士箱根切手の買取金額です。

額面も戦前切手とは変更になっており、図面も違うので混同しないように注意してくださいね。

富士箱根切手の買取金額は14円切手以外は概ね額面を上回るもので、状態によっては買取金額に差が出ます。

 

それぞれがとても価値の高い切手

戦後発行の富士箱根切手は、発行枚数がそれぞれ500万枚とかなり大量に発行されています。

通常大量に発行されて流通した切手は現存数が多く切手買取の際の相場が下がるのですが、この切手は使用された枚数が多く現存する未使用切手が少ないのでプレミアがついています。

国立公園シリーズ自体が非常に人気の切手ということもあり、今でもコレクターの間では手元に置いておきたい切手となっているのです。

 

エラー切手やみほん切手ならさらに高額!

戦後の混乱時代の日本は印刷技術もまだ未熟で、エラー切手という印刷がずれてしまったものが存在します。

エラー切手はコレクターからは非常に人気があり、少し印刷面が中心からずれている切手をお持ちなら高く売れる可能性がありますよ。

さらに真贋鑑定のために限定で発行された「見本切手」というものも人気が高いので、もしもコレクションの中から見つかったら是非査定に出しましょう。

通常の未使用バラ切手よりも高い値段で売れる可能性があります。

 

使用済みでも価値あり!?

また富士箱根切手(戦後)は使用済みでも価値のあるものがあるので覚えておきましょう。

発行当日の消印が押されたFDC(初日カバー)という封筒と切手のセットは、過去3万円を超える値段で取引されています。

さらに消印の種類によってはコレクター人気が高いものがあり、過去に1万円を超える値段で買取された使用済み切手もあるのです。

消印の種類に詳しくない方はプロの切手査定スタッフが在籍する買取店に依頼し、価値を見定めてもらうのがオススメ。

使用済みで価値が下がるからといって、容易に捨てることのないようにしてくださいね。

 

2.富士箱根切手(戦後)の査定はバイセル・福ちゃんがお得!

バイセルや福ちゃんなら富士箱根切手(戦後)の査定にぴったりです。

切手に詳しい査定員が多く在籍しているので、価値のある使用済み切手やFDCの価値も見逃しません。

どちらの買取店も切手買取業界でもトップクラスの買取基準を設けているので、買取の金額も一定の水準以上と言えるでしょう。

どちらも査定料が無料で出張買取も可能と利便性も高いので、切手買取を考えている方は是非候補に入れてみてください。

 

複数社査定なら査定額がアップ!?

富士箱根切手を査定に出すときは複数の会社で見積もりを取り、金額を比較してから売るようにしてください。

切手買取にはある程度の参考相場はありますが、これといって業界統一のマニュアルがあるわけではありません。

すなわち会社独自の基準やスタッフの判断で切手の査定額が変わるのはよくあること。

そんな金額差を一目瞭然で見極められるのが複数社査定です。

また複数の会社に査定を出していると伝えれば、他店との競争で買取金額をアップしてもらえる可能性もあります。

より高額でお得に富士箱根切手(戦後)を売りたいときは、バイセルや福ちゃんなど複数の会社に見積もりを取ってくださいね。

 

スピード買取ならバイセルがおすすめ!

バイセルでは申し込みから最短で30分で出張査定が可能と謳っているスピード重視の買取店です。

全国に出張査定員がスタンバイしているため、いつでも何処へでも切手を買い取りに来てくれますよ。

査定にかかる料金がかからない、そして出張買取も申し込みからすぐに対応してくれるスピーディな対応が強みです。

バイセルのポイント

  • 口コミ・評判をチェックすると金額面での満足度が高い
  • 無店舗経営を行うことで余分な経費をカットし、買取金額に回すことができる
  • 全国にスタッフを配置しているので申し込みから最短30分と短い時間での査定が可能

バイセルの無料査定はコチラから

 

丁寧な対応なら福ちゃんがおすすめ!

福ちゃんは非常に丁寧な接客をしてくれて、査定の流れもスムーズに行くと評判の良い買取店です。

福ちゃんは古物買取実績が合計で200万点を超える買取店で、切手の買取実績についても申し分なし。

もちろん切手買取の金額についても評判が良く、接客面でも金額の面でも満足できる買取ができるでしょう。

福ちゃんのポイント

  • 査定の説明が丁寧で価格にも満足したなど顧客満足度が高い買取店
  • 国内外に独自の販売ルートを持っているため、なるべく高い値段で切手を買取してくれると評判
  • 宅配買取・出張買取が可能なので忙しい方でも家から出ずに切手を売ることが出来る

福ちゃんの無料査定はコチラから

 

3.富士箱根切手(戦後)ってどんな切手?

戦前から発行が始まり、戦争が終わってから再度発行が始まった第1次国立公園記念切手、1949年に発行された富士箱根切手はどのような切手なのでしょうか。

もちろんモチーフは切手の名前の通り日本の名峰富士山、1936年にも切手のモチーフとして採用された名所です。

発行日は1949年7月15日、同様の国立公園シリーズ切手の中の1枚「吉野熊野切手」が発行されてわずか3ヶ月ほどで発行されています。

 

額面は2円・8円・14円・24円

戦後の富士箱根切手は4種類の額面で発行されました。

ちょうどこの頃に郵便料金の改定が行われたため、額面は2円・8円・14円・24円の4種類です。

図柄は2円が「三つ峠富士」、8円が「河口湖富士」、14円が「七面山富士」、24円が「山中湖富士」となっています。

特に三つ峠は戦前発行の富士箱根切手のモチーフともなっており、どれほど富士箱根切手が人気のものだったかが伺えますよね。

 

500万枚も発行された

通常切手は額面によって発行枚数が違うのですが、富士箱根切手(戦後)はそれぞれ500万枚という枚数が発行されています。

実は1949年に外国郵便料金を改定したために、従来の切手だと金額が合致しなかったために富士箱根切手を大量発行したのです。

本当は普通切手を上記の額面で発行する計画があったようなのですが、逓信省が郵政省に変更するなど様々な事情から発行が遅れてしまったので間に合わせるために富士箱根切手を増刷したと言われています。

ココがポイント

500万枚も発行するとプレミアがつかないのでは?とお思いかもしれませんが、郵便料金改定直後のために使用された切手が非常に多かったそうです。そのため現在まで残っている未使用品が少なく、買取金額もある程度高くなっています。

 

これより前にも富士箱根切手が発行されている

実は1936年に富士箱根切手という同名の切手が第1次国立公園シリーズで発行されています。

額面は2銭・4銭・10銭・20銭の4種類で、戦前に発行されたために枚数も少なく非常に価値の高い切手です。

国立公園制度が1934年に始まったことを宣言する意味合いで作られた切手で、逓信省の職員が撮影した富士の雄大な写真をモチーフとしています。

印刷にはグラビア印刷が用いられ、今でも切手愛好家がコレクションに加えたい切手の1つです。

ココがポイント

戦前発行の富士箱根切手の方が買取金額は高いです!額面や図柄を見れば簡単に見分けられますが、自分で相場を探す際などは注意してくださいね。

 

 

4.富士箱根切手(戦後)をさらに高く売る4つのコツ

富士箱根切手はもとより価値の高い切手ですが、いくつかのポイントに注意すればさらに査定額を上げられるかもしれません。

そこで今から4つのポイントをお伝えするので、切手を売る際に参考にしてみてください。

 

目打ちのない切手は高く売れる

目打ちという周囲のギザギザがないものは高く売れ、過去に目打ちのないプルーフペア切手が3万円以上の金額で買取されました。

ココがポイント

切手が2枚横か縦につながっている物をプルーフペアと呼び、通常のバラ切手よりも買取額が高くなります。

周囲にギザギザがない切手を持っていたら、思わぬお宝かもしれませんよ。

 

初日カバーは封筒から剥がさないこと!

1949年7月15日の消印が押された富士箱根切手をお持ちなら、それは高く売れる初日カバーです。

初日カバーは封筒やハガキに貼られた状態で消印を押してあるので、決して切手だけ剥がそうとしないでくださいね。

過去に初日カバーは3万円を超える金額で取引されていたこともあるので、買取金額にもかなり期待できますよ。

 

消印によっては高額査定がつくのでプロの目に任せる

また使用済み切手でも消印の種類によってはかなりの高額査定が期待できます。

切手の収集家でもない限りは消印のレア度が見分けられないと思うので、使用済み切手でも査定に出してプロに見てもらうと良いでしょう!

諦めて捨ててしまうとかなり勿体無いので、使用済みでも未使用でも査定に出してみることをおすすめします。

 

実績豊富な買取店に依頼をする

富士箱根切手を売る場合は実績豊富な買取店に依頼をしてください。

ここまで紹介した目打ちや消印の種類は、切手の知識がない査定員では見落としてしまう可能性があるのです。

バイセルや福ちゃんのような実績豊富な買取店なら、付加価値も見落とさずに査定額を提示してくれます。

価値のある切手を売るなら、それに見合った鑑定ができる買取店を選びましょう。

 

バイセルの無料査定はコチラから

 

福ちゃんの無料査定はコチラから

-特殊切手

Copyright© 【全10社比較】切手買取おすすめランキング|口コミ体験談から学ぶ賢い売り方 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.