特殊切手

【他より価値なし?】第一次国立公園シリーズ「西海切手」の買取価格が知りたい

投稿日:

第一次国立公園シリーズのなかの西海切手はどの程度の値段で買取になるんだろう?
買取はどんな基準で、どんなお店に売れば良いんだろう?

切手の買取相場をしっかりリサーチし、買取店選びの基準を知らないと価値より低い値段で切手を手放すことになってしまいます。

そこでこの記事では西海切手の買取相場、そしてオススメの買取店と高く売れる法則を解説。

切手買取で損をしないように、しっかりと最後まで読んでみてくださいね。

 

1.西海切手の買取価格相場はどのくらいなの?

西海
切手
未使用 20枚
シート
小型
シート
5円 50円
程度
300円
〜700円
1,000円
〜2,000円
程度

10円 50円
〜100円
程度
500円
〜1,000円

西海切手の買取金額を過去の買取履歴などからまとめました。

第一次国立公園シリーズで発行された西海切手は大体50〜100円程度が相場という結果になりました。

戦前のシリーズからするとかなり価値が下がっていますが、実は戦後発行の切手の中でも特に価値が低い切手です。

高価買取を狙うのであれば、消印の種類や国立公園シリーズを全種類集めて売るなどの工夫が必要でしょう。

 

額面通りもしくはやや高くなる程度

西海切手の額面は5円と10円、現在の貨幣価値に直すとだいたい50円と100円切手ということになります。

つまり買取相場は額面通り、もしも状態が新品同様に保管されていて綺麗な場合は額面よりやや高い金額で売れるかもしれません。

なるべくシートで売る、まとめて他の切手と合わせて売ることで買取金額をあげるようにしてみてください。

 

他の切手より価値が低め

第一次国立公園シリーズ切手は1936年から戦後にかけて20年もの間発行され続けていました。

例えば第一回目の「富士箱根切手」は未使用品では10銭で500円〜1,000円程度の金額がついていたので、かなり差がありますよね。

また戦後発行された磐梯朝日切手も5円切手が200円の値段がついています。

このように西海切手は他の切手と比べると、価値が低めの切手なのです。

 

肉筆FDCなどであれば高くうれるかも

西海切手を高く売るには付加価値が必要です。

例えば肉筆FDCという、画家などが直接ハガキや封筒に絵を書いたものに切手を貼り、発行当日に消印を押してもらったものなどはかなりレアでコレクターに人気があります。

過去に元郵政切手の原画家である清水隆志氏の肉筆のハガキのFDCが9,000円で取引されました。

そのほか消印に珍しいものが使われているとか、シリーズ全て揃った状態など付加価値があれば額面以上の金額で売れる可能性もあるでしょう。

 

2.西海切手を売るならバイセル・福ちゃんへ!

価値が低めとはいえ額面程度の金額では売れる切手なので、バイセルや福ちゃんのような専門店に買取を依頼して方が良いでしょう。

先ほど紹介した肉筆FDCなどの価値がある物は、やはりプロの目で査定してもらった方が適正な価格がつきます。

せっかくより高く売れる切手なのに、買取店選びに失敗して悔しい思いをしたくないですよね?

実績も経験も積んだプロが在籍する専門店に西海切手の買取を依頼しましょう。

 

複数社査定なら高く売れる

またより西海切手を高く売るコツとして、複数の会社に査定をすることをおすすめします。

何店舗か候補を選んで、同じ切手の見積金額を見比べると会社によって金額が違うことも珍しくないからです。

買取店がもつコレクターとのコネクションなどによっても金額に差が出るので、必ず複数社の見積書を比較してから切手を売りましょう。

そうすることで一番高く切手を買い取ってくれるお店が見つけやすくなりますよ!

 

高価買取ならバイセルがおすすめ!

バイセルは切手買取界でもかなりの高い基準で切手買取を行なっている買取店の1つです。

特にバイセルは高い金額で切手を買ってくれるばかりでなく、申し込みから最短30分で出張査定に来てくれる機動力の高さが強み。

切手の価値は変動する可能性があるものなので、相場に近い金額で売りたいなら思い立った時にすぐに売ることが重要になります。

早く切手の価値を知りたい場合や急いでいて切手コレクションを整理したい場合にぴったりの買取店なんです。

バイセルのポイント

  • 切手買い取り業界でもトップクラスの水準の買取金額なので予想以上の金額で売却できる可能性がある
  • 無店舗経営を行うことで余分な経費をカットし、買取金額に回すことができる
  • 全国にスタッフを配置しているので申し込みから最短30分と短い時間での査定が可能

バイセルの無料査定はコチラから

 

満足できる査定なら福ちゃんがおすすめ!

福ちゃんの自慢は高額買取と丁寧な接客による顧客満足度です。

独自の販売ルートを日本のみならず国外にももっているため、なるべく高く切手を買い付けることができるのが強み。

出張買取の際の説明や査定の様子も丁寧で、とても感じが良かったという口コミもたくさんありました。

金額的にも接客的にも満足できる買取を体験したいなら福ちゃんを利用してみてはいかがでしょうか。

福ちゃんのポイント

  • 査定の説明が丁寧で価格にも満足したなど顧客満足度が高い買取店
  • 劣化した切手でも買取になったという声が多く、また買取金額も高い
  • 宅配買取・出張買取が可能なので忙しい方でも家から出ずに切手を売ることが出来る

福ちゃんの無料査定はコチラから

 

3.西海切手ってどんな切手?

1956年10月1日に第一次国立公園シリーズの中の1枚として発行された切手です。

ココがポイント

第一次国立公園シリーズは戦前から戦後20年にかけて発行されました。戦時中は一次発行が停止されたこともありましたが、非常に人気のシリーズのためその後も継続して発行が続いたのです。

このころ日本は戦後の復興も進み、ロシアなどと国交を回復するなど国際化の動きを強めている頃。

切手収集ブームも始まり、同じ年には大人気の「市川えび蔵切手」も発行されていました。

 

額面は5円・10円のみ

西海切手の額面は5円と10円のみで発行されています。

ココがポイント

定形普通郵便はがきが5円、封書が10円で送られていた時代なので一番需要が高いこの金額が発行されました。

以前は切手の額面は4種類発行されていたのですが、支笏洞爺切手からはこの2種類のみに限定されています。

より高い額面の切手は国際郵便などに使われるのですが、さほどこの時代には使用頻度が高くなかったのです。

 

それぞれの切手の図案は?

出典:環境省

西海切手の意匠として採用されているのは西海国立公園です。

5円切手のモチーフには大瀬崎、10円切手は九十九島が使用されています。

大瀬崎は五島列島を代表する観光地の1つで、波が打ち寄せることにより岩肌が削られた崖が特徴。

特に有名なのはイギリスのR・プラトンによって設計された日本屈指の灯台がある断崖で、展望台からは美しい夕日を楽しむことができます。

九十九島は長崎県の佐世保市から平戸にかけての一帯を指し、208もの小さな島で構成された群島です。

平戸藩主の松浦静山が秋田県にある九十九島になぞらえて名付けました。

伊能忠敬が日本地図を作成する為の測量でこの地を訪れた時には「七十に 近き春にぞ あひの浦(相神浦〈相浦〉) 九十九島を いきの松原(70の春を長崎で迎えたが、なんと長生きしたことか。このまま99まで生きて生きたものだ)という歌を残しています。

現在ここには水族館や遊覧船、飲食店などを擁したパールシーリゾートと言うレジャースポットもあり、長崎では有名な観光スポットです。

 

西海国立公園ってどんなところ?

出典:ぐるたび

西海国立公園とは長崎県西北部にある国立公園で、1955年3月16日に国立公園指定をされた地域です。

ココがポイント

国立公園としてのキャッチフレーズは島々の王国で、208の群島からなる九十九島をはじめ、400もの島がなす海の景観が特徴です。

1934年に国立公園制度が始まりましたが、軍港などがあったことから九十九島には写真撮影の禁止などの制約があり、観光地としては長崎県はあまり知られていませんでした。

1949年に当時の佐世保市長である中田市長が長崎の地域振興策として国立公園の制定を厚生省に陳情するなど、熱意を持って行動した結果ようやく1955年に国立公園指定が実現したそうです。

 

 

4.西海切手が少しでも高く売れる4つの法則

西海切手が少しでも高く売れるように4つの法則をお伝えします。

価値が低いと諦めず、この法則をしっかりと覚えておきましょう。

 

第一次国立公園シリーズをまとめて売る

第一次国立公園シリーズが手元に全てあったら、1枚ずつではなくまとめて売りましょう。

戦後発行の国立公園シリーズ38種類を集めたものでも、過去に20,000円の買取価格がついたことがあります。

シリーズが揃っていない場合でも、なるべくまとめ売りをした方が金額アップが期待できますよ。

 

発行日の消印があれば要チェック

使用済み切手だとしてもまずは消印の日付をチェックしましょう。

発行日のものだとしたらFDCとして高く売れるかもしれません。

さらに先ほど紹介した肉筆FDCであればより高値がつくこともあります。

よく見分けがつかない、というときはバイセルや福ちゃんのような専門店のスタッフに見極めてもらいましょう。

 

小型シートはある程度の値段がつく

国立公園シリーズでは小型シートという限定のシートが発行されています。

切手の種類にもよりますが、最低1,000円くらいの値段はつくでしょう。

西海切手にも小型シートがあるので、この写真のようなシートがあればぜひ査定に出してみてください。

ココに注意

シート状の切手は切り離すと一気に価値が下がります!!台紙から切り抜いたりしないよう、そのまま査定に出すこと。

 

買取店は実績と口コミから選ぶ

西海切手を手放す際は、切手買取店も実績と口コミからしっかりと選んでください。

若手のアルバイトスタッフが査定をするようなお店では、価値を見落とされることがあるので買取店選びは非常に重要です。

先ほど紹介したバイセルや福ちゃんのような経験と実績を積んだお店の査定員なら、今回紹介したような価値のある切手を見極めることができます。

その際は複数の会社に見積もり査定を取ってみて一番高く買い取ってくれるお店に売却してくださいね。

 

バイセルの無料査定はコチラから

 

福ちゃんの無料査定はコチラから

-特殊切手

Copyright© 【全10社比較】切手買取おすすめランキング|口コミ体験談から学ぶ賢い売り方 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.