特殊切手

【額面通り?】第一次国宝シリーズ「広隆寺弥勒菩薩切手」の買取価格は?

更新日:

飛鳥時代から江戸時代までの国宝を集めた切手シリーズの第1集で発行された「広隆寺弥勒菩薩切手」。

手元にある方はどれくらいの金額で売れるのか、またどこに売れば良いのか気になりませんか?

この記事では広隆寺弥勒菩薩切手の買取相場、そして買取店に査定をしてもらうコツなどを紹介しています。

ぜひ参考にして少しでも高い金額で広隆寺弥勒菩薩切手を売却しましょう。

 

1.広隆寺弥勒菩薩切手の買取価格はどのくらい?

未使用 FDC シート
広隆寺
弥勒菩薩
切手
20円
程度
150円
〜200円
程度
400円
〜600円
程度

広隆寺弥勒寺菩薩切手はほぼ額面通りの金額で取引されていて、プレミア価値がつくのはFDC、シートで買取を依頼した場合です。

FDCとは発行日当日の消印が押された封筒とのセットのことで、コレクターには大変人気になります。

 

額面通りの買取価格って本当?

冒頭の表を見ていただいてもわかるように、ほぼ額面通りの金額での買取になるといってよいでしょう。

20枚シートであれば額面よりもやや査定がアップした400円〜600円程度で買取ができることもあるようです。

買取金額を伸ばしたい場合は、FDCやシート状のままで売るのが良いでしょう。

 

エラー切手なら買取価格がアップする可能性も

バラだと額面通りでさほど買取の旨みを感じないかもしれませんが、万が一エラー切手といって印刷に不備があるものを見つけたら高く売れる可能性があります。

稀に切手には印刷がズレていたり、版面についた不純物が付着するなどエラー切手と呼ばれるものが生まれるものです。

そういった切手は逆にレアものとしてコレクターに人気の品となります。

じっくりと切手をチェックしてみて「これはエラー切手?」と思ったら、専門の鑑定家にチェックしてもらうとよいでしょう。

 

2.広隆寺弥勒菩薩切手を売るならバイセル・福ちゃんがオススメ

広隆寺弥勒寺菩薩切手を売るならバイセルや福ちゃんなどの切手買取店を利用しましょう。

額面通りとはいえ、状態によって上乗せした金額になることもありますし、エラー切手やFDCの判断も任せることができます。

素人目には切手の価値を見極めるのが難しいのですが、バイセルや福ちゃんに在籍するプロのスタッフに依頼をすれば安心です。

 

相見積もりをとれば買取価格アップ

さらに高い金額を狙うなら、バイセル・福ちゃんと2社以上で見積もりを取ってみてください。

切手買取の値段を比較して、より高い買取店を見極めるのに効果的。

買取店同士で金額を競争して、当初の見積もり金額よりも高い値段で買ってもらえるかもしれません。

この2点の理由からどちらか1つの買取店に絞るのではなく、2つともまたはそれ以上の買取店に査定を依頼してみてください。

 

スピード買取がいいならバイセルがおすすめ!

記念切手の買取に強く、スピード感のある対応が売りのバイセルなら、売りたいときにすぐに切手を売ることができます。

口コミを見ると最短30分での査定が可能で、全国に出張してくれるフットワークの軽さもポイント。

アフターフォロー体制も充実していますから、万が一切手を売った後に契約について不明点がある場合も安心です。

バイセルのポイント

  • 申し込みから最短30分で出張買取に来てくれる対応の早さ
  • 事前相談・アフターフォローも手厚いので安心
  • 切手買取の問い合わせや査定を受注している件数が非常に多いので、スタッフの経験や知識が豊富

バイセルの無料査定はコチラから

 

納得のいく査定がいいなら福ちゃんがおすすめ!

切手買取の際にスタッフの説明がわかりづらかったり、態度が悪いと嫌な気分になりますよね。

福ちゃんはスタッフが1枚ずつ切手を慎重に査定してくれますから、価値や状態を見極める丁寧な査定、そしてわかりやすい説明を受けられます。

切手買取実績も多く、特殊切手買取に強いスタッフが在籍しているので、価値に見合った買取金額を提示してもらえるでしょう。

福ちゃんのポイント

  • 査定スタッフの対応の丁寧さや査定の正確さに定評がある
  • 出張買取の際のスタッフの対応が非常に親切だっという口コミが多い
  • 特殊切手買取についての知識も多いので、FDCやエラー、状態の見極めに信頼が置ける

福ちゃんの無料査定はコチラから

 

3.広隆寺弥勒菩薩切手ってどんな切手?

1967年11月1日に発行された第1次国宝シリーズ切手の第1集の切手です。

入江泰吉氏が撮影した広隆寺の弥勒菩薩像の顔のアップが図案として採用されました。

 

第1次国宝シリーズ切手の第一集の切手

1967年〜1969年の間に発行された日本の国宝を意匠として採用した第1次国宝シリーズ切手の中の1枚です。

第1集には全部で22枚の飛鳥時代から江戸時代までに作られた日本国宝を印刷したもの。

コレクターからは7シリーズ全ての収集が最も人気とされています。

ココがポイント

国宝シリーズは第7集まで発行されています。

 

広隆寺弥勒菩薩とは?

出典元:Wikipedia

現在からおよそ1400年前である603年に建立された京都最古の寺院・広隆寺に収められている弥勒菩薩像ー正式には弥勒菩薩半跏思惟像と言います。

日本で一番美しいと言われるこの像は、アルカイックスマイルをたたえた弥勒菩薩が人民をどう救済するかを考えている様子を表しています。

この美しい広隆寺・弥勒菩薩像は昭和26年に国宝第一号に指定されました。

 

鮮やかな多色刷りを採用

実は国宝をモチーフとした切手は過去にも発行されていますが、第一次国宝シリーズから鮮やかな多色刷りを採用しています。

日本の宝である国宝を生き生きとしたカラーで写実的に表現した第一次国宝シリーズは、今でもコレクターが手元に置いておきたい人気の切手なのです。

 

4.広隆寺弥勒菩薩切手を少しでも高く買い取ってもらうには?

額面通りの金額で査定がでる広隆寺弥勒菩薩切手、少しでも高い金額を提示してもらうにはどうしたら良いのでしょうか。

何点かポイントがあるので、査定の際に注意してみてください。

 

消印の日付をしっかりとチェックすること

消印の日付が1967年11月1日のものは高く売れますから、使用済みだと諦めて捨てないようにしましょう。

初日カバーの場合は消印込みで高い香取金額を期待できますから、数百円以上での買取になります。

 

シート状だとよりコレクター需要が高い

シートのままの方がコレクターからは人気になりますので、それに比例して買取金額が高くなります。

周りに余白が残っているものがあれば、切り離すことなくそのまま査定に出していてください。

 

エラー切手の査定はプロに任せる

エラー切手について冒頭で触れましたが、逆にレアなエラー切手を見分けるのは素人には難しいでしょう。

「汚れかも?」と思ってもエラーであることもありますから、バイセルや福ちゃんのような買取店に依頼してしっかりと査定をしてもらいましょう。

バイセルの無料査定はコチラから

福ちゃんの無料査定はコチラから

-特殊切手

Copyright© 【全10社比較】切手買取おすすめランキング|口コミ体験談から学ぶ賢い売り方 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.