特殊切手

【そんなに安いの?】第一次国立公園シリーズ「秩父多摩切手」の買取価格相場

投稿日:

秩父奥多摩切手を持っているけど、あまり高く売れないって本当?
オークションで出品してみたら、万が一高額がつくかも!

せっかく見つけた古い切手ですから、1円でも高く売りたいものです。

秩父多摩切手はさほど高い値段ではありませんが、額面程度の金額では売ることのできる切手。

しかし切手を売る方法を間違えると、相場以下の金額になってしまうこともあります。

そこでこの記事ではまず秩父多摩切手の買取相場、そしてどこに売るのが適切なのかを検証してまとめました。

秩父多摩切手を1円でも高く売りたい方はぜひ参考にしてくださいね。

 

1.秩父多摩切手の買取価格相場はいくら?

秩父
多摩
切手
使用済 未使用 20枚
シート
小型
シート
5円 25円
〜50円
40円
〜80円
1,000円
〜2,000円
1,000円
〜数千円
程度

10円 40円
〜80円
50円
〜100円
1,200円
〜2,400円

秩父多摩切手のの買取価格表を作成しましたのでご覧ください。

高額を期待されていた方には少しがっかりする結果になってしまったかもしれません。

国立公園シリーズの中でも戦後に発行されたものはやや価値が低く、さほどプレミアがつかないのです。

小型シートで美品の場合は1,000円を超える金額で売れる可能性があるので、お持ちの方はラッキーと言えるでしょう・

 

ほとんど価値がなく買取価格も安め

戦後に発行されたために現存している枚数が多いことから、ほとんど価値がなく買取金額も安めです。

「そんなに安いの?」と落胆してしまうかもしれませんね。

国立公園シリーズを他の種類も持っているならまとめて売るなどの工夫をすることで、こちらの相場表よりも高い金額で売れる可能性もあります。

 

みほん切手なら多少は高くなる可能性も?

切手はいわゆる金券の一種なので、偽造されてしまうこともあります。

そのため真贋鑑定ように限定でみほん切手が発行されていて、実はその限定切手は高く売れることがあるんです。

切手の表面に「みほん」という文字が印刷されているのが目印。

珍しい品なのでコレクター需要もあり、通常の未使用切手よりは高く売れる可能性があるでしょう。

 

シートとバラどちらがいい?

出典:Letao

一般的にはバラよりもシートの方が価値が高いです。

シートを購入して使わずにとっておく事って少ないですよね?

1枚も使われずにシートのまま残っている切手は実は貴重品で、コレクターにはそれだけ人気があるんです。

秩父多摩切手は20面シートなので、バラ切手20枚分の金額と付加価値でより高く売れるでしょう。

また限定で発行された小型シートは1,000円〜状態が良いものなら数千円で売れることも確認できています。

 

2.秩父多摩切手を売るならバイセル・福ちゃんがお得

秩父多摩切手を高く売りたいならバイセルや福ちゃんがお得ですよ。

お得なポイントとしては

  • 査定にかかる費用が無料
  • 買取基準が業界トップクラスなので他店よりも高額で売れやすい
  • 切手の仕分けなどの手間が必要ないので手軽

以上の3つになります。

さらに近くに店舗がなくても出張買取と宅配買取に対応しているので、交通費すらかかりません。

大手の買取店なのでコレクターへの販売ルートも充実しており、高価買取が期待できる買取店なのです。

 

査定は複数社に依頼すべき!

冒頭の買取相場表を見て「安い」とがっかりしたかもしれませんが、1円でも金額をアップする方法があります。

それは複数の買取店に査定を依頼し、金額を比較することです。

A店では100円だったけど、B点では120円だった…あなたならどちらのお店に切手を売りますか?

もちろんB店ですよね。

このように切手査定は買取店によって査定額が違うことが多いので、比較をしてから売らないと結果的に損をすることになります。

秩父多摩切手を1円でも高く売りたいと考えているなら、バイセルや福ちゃんなどの査定料が無料の買取店をいくつか選んで査定をしてからにしましょう。

 

高額買取を狙うならバイセルがおすすめ!

バイセルは切手買取界でもかなりの高い基準で切手買取を行なっている買取店の1つです。

特にバイセルは高い金額で切手を買ってくれるばかりでなく、申し込みから最短30分で出張査定に来てくれる機動力の高さが強み。

切手の価値は変動する可能性があるものなので、相場に近い金額で売りたいなら思い立った時にすぐに売ることが重要になります。

早く切手の価値を知りたい場合や急いでいて切手コレクションを整理したい場合にぴったりの買取店なんです。

バイセルのポイント

  • 切手買い取り業界でもトップクラスの水準の買取金額なので予想以上の金額で売却できる可能性がある
  • 無店舗経営を行うことで余分な経費をカットし、買取金額に回すことができる
  • 全国にスタッフを配置しているので申し込みから最短30分と短い時間での査定が可能

バイセルの無料査定はコチラから

安心できる丁寧な買取がいいなら福ちゃんがおすすめ!

福ちゃんは親切丁寧な接客と査定をしてくれると評判の買取店です。

特殊切手や記念切手など多くの切手を買取してきた実績から、適切な値段で買取金額をつけてくれると評判。

「このスタッフがいうことなら信頼できる」「気持ちの良い取引ができた」という実際の体験談も多いので安心です。

出張買取の際も非常に親切に査定の理由などを教えてくれて助かった、という体験談も多く安心して利用できるお店と言えるでしょう。

福ちゃんのポイント

  • 査定の説明が丁寧で価格にも満足したなど顧客満足度が高い買取店
  • 劣化した切手でも買取になったという声が多く、また買取金額も高い
  • 宅配買取・出張買取が可能なので忙しい方でも家から出ずに切手を売ることが出来る

福ちゃんの無料査定はコチラから

 

3.秩父多摩切手ってどんな切手?

出典:Fril

1955年3月1日に第一次国立公園シリーズの中の1枚として発行された「秩父多摩切手」。

その名前の通り秩父多摩国立公園のなかの「奥多摩渓流」と「奥秩父連山」をモチーフとして採用した切手です。

ココがポイント

第一次国立公園シリーズとは1936年から日本の国立公園制度の発足を記念して作られたもの。最初は単発で発行されたのですが、あまりに人気だったので20年にも渡ってシリーズとして発売されました。

第一次国立公園シリーズ切手の特徴は何と言っても、写真が図柄に使用されていることです。

今までの日本の切手はイラストが意匠になっていましたが、国立公園シリーズからは写真をグラビア印刷して作られることになりました。

図案の美しさと日本の国家制度の発足を祝う趣旨が歴史的価値をうみ、今でもコレクターに愛されているシリーズとなっています。

 

額面は5円と10円

秩父多摩切手は5円と10円の額面で発行されています。

ココがポイント

5円は定型ハガキを送るのに必要な料金。10円は定形郵便(封書)を送るのに使われていました。

どちらも日常的に使われる金額の切手なので、400万枚と発行枚数は多めです。

5円の額面の意匠は「奥多摩渓流」10円の切手の図案は「奥秩父連山」が使用されています。

 

秩父多摩国立公園とは

出典:Wikipedia

正式名称は「秩父多摩甲斐国立公園」と言います。

切手のモチーフとなった秩父多摩国立公園は東京都・埼玉県・長野県・山梨県と広いエリアを含む地域で、首都圏からの交通の便も良いのでレジャースポットとしても有名です。

北奥千丈岳を最高峰として奥秩父山塊を中心として、日本百名山にも選ばれている金峰山、大菩薩嶺、御岳山などが含まれます。

1950年7月10日国立公園指定された時点では「秩父多摩国立公園」でしたが、山梨県の名称が入っていなかった為に2000年に「秩父多摩甲斐国立公園」に名称変更されました。

5円切手の図案は「奥多摩渓流」で、澄んだ水と緑豊かな場所で釣りのスポットとしても有名です。夏はバーベキューや川下りを楽しむこともできます。釣りたてのヤマメやイワナをその場で焼いて食べることも可能ですよ。

10円切手は「奥秩父連山」が図案となっており、北奥千丈岳という2601メートルの関東最高峰の山を手法としています。この山稜は森林限界を超えないところが多いため、緑豊富な山並みを楽しめます。

 

4.秩父多摩切手はオークションで高く売れるの?

秩父多摩切手をオークションで売るか買取店で売るか迷っている方もいるでしょう。

結論としてオークションは不要なトラブルがあったり、高額で買取になる可能性もあまりないためにオススメできません。

具体的に理由を説明していきますので、検討材料にしてください。

 

希望落札金額に届かないと安く売るハメになる

オークションでは「この金額なら即売ります」という希望落札額を指定することができます。

しかし秩父多摩切手は非常にレアな切手、というわけではないので希望落札額を指定してまで欲しい人が少ないでしょう。

そのため希望落札額を下回る金額で落札される可能性が高いです。

さらにそこからオークションの利用手数料を引かれるので、結果的に手元に残る金額は少なめになります。

 

個人同士の売買はトラブルがつきもの

運良く切手が落札されたとしても、切手の状態が想定と違ったりすると返品や返金を求めるクレームが入ることがあります。

切手は材質が紙のため、シワが入ってしまったり写真では綺麗に見えても実物は黄ばんでいたりすることも珍しくありません。

落札者が「返金してほしい」と申し出た場合、すべて個人で返品や返金の対応を請け負わなくてはいけません。

顔の見えない取引なのでトラブルはつきもの、買取店に依頼した方が無用なトラブルを避けることができるでしょう。

 

全く売れない可能性もある

オークションは1週間など期間指定をして出品するのですが、秩父多摩切手を欲しい人がいない場合もあります。

その時は誰にも落札されずに期間終了し、結局1円にもならないことがあるのです。

買取店に依頼をすれば相場程度の金額では売れますから、どちらが早く確実に売れるかは一目瞭然ですよね。

特に早く切手のコレクションを手放したい、確実に売りたいと考えている方はバイセルや福ちゃんなどの買取店の方が向いていますよ。

 

バイセルの無料査定はコチラから

 

福ちゃんの無料査定はコチラから

-特殊切手

Copyright© 【全10社比較】切手買取おすすめランキング|口コミ体験談から学ぶ賢い売り方 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.