特殊切手

【どうして安いの!?】第一次国立公園シリーズ「伊勢志摩切手」の買取価格相場

投稿日:

第一次国立公園シリーズ「伊勢志摩切手」を売りたいけど、どこに売れば良いかわからない。
そもそも切手に詳しくなくて、どれくらい価値があるのか知りたい。

古い切手を見つけた場合、どのように扱って良いかなど途方に暮れてしまいますよね。

きちんと相場を把握し、適切な買取店を選ばないと価値ある切手も安く手放すことになってしまいます。

この記事では伊勢志摩切手の買取相場、そしてどうすればより高く売れるのか、オススメの買取店までご紹介。

ぜひ切手を売りたいけどどうしたら良いか分からなくて面倒になっている、という方は参考にしてください。

 

1.伊勢志摩切手の買取価格相場はどのくらい?

伊勢
志摩
切手
使用済 未使用 20枚
シート
小型
シート
5円 30円
程度
30円
〜50円
600円
〜1,000円
500円
〜1000円

10円 30円
程度
100円
〜200円
2,000円
〜4,000円

伊勢志摩切手は基本的にさほど買取金額が上がらない切手ということがわかりました。

20面シートは枚数が多いのでまとまった金額にはなりますが、より高い付加価値はついていないようです。

特に5円切手がかなり安い金額での買取になってしまうので、高額買取を期待している人は安い!とがっかりしてしまうかもしれませんね。

 

国立公園シリーズの他の切手より安い

国立公園シリーズは戦前のものは数千円、そして伊勢志摩切手の前に発行された支笏洞爺切手までは額面を上回る金額で売れていました。

第1次国立公園シリーズは1936年から20年もの間発行され続けた切手で、戦前のものが特に価値が高いです。

戦後から時間がたつにつれて日本の状況も安定してきて、切手の現存数が多いことや切手の発行枚数が増えたことが原因で価値が下がってきています。

伊勢志摩切手は戦後発行された国立公園シリーズの切手の中でも特に安い金額がつく切手と言えるでしょう。

 

大体が額面通り~

昭和39年当時は日本の貨幣価値も今とはかなり違っています。

単純に1円いくらと換算しづらいのですが、大体7倍くらいの貨幣価値のギャップがあるのです。

そのため単純計算で5円切手は35円、10円切手は70円と買取金額と額面にあまり差がありません。

伊勢志摩切手単体ではあまり価値が出ませんので、他の国立公園シリーズの切手を持っているならまとめ売りをした方が高い値段がつく可能性があります。

人気自体は高いが価値が低い

価値が低いとはいえ、国立公園シリーズは1936年から20年間発行され続けた事を見ても分かる通り、人気は高い切手なのです。

日本で初めてグラビア印刷を使って作られた切手であること、そして国立公園シリーズには今までとは違い風景写真が用いられていることから切手コレクターには人気。

当時の日本でも珍しい切手であったため、投機目的や収集のために購入希望者が殺到してシリーズ化した経緯があるほどです。

しかし発行枚数の多さや、収集目的で集めた切手が多く残っていることから稀少性がなく、買取金額自体は下がってしまっています。

 

2.伊勢志摩切手を売るならバイセル・福ちゃんがオススメ!

伊勢志摩切手を売る際には少しでも適正な金額で売れるようにバイセルや福ちゃんのような切手買取の専門家がいるお店を選びましょう。

バイセルや福ちゃんは実際に利用した人からの口コミ評判も良く、また買取金額の基準も業界内TOPクラス。

また切手買取の手段は出張買取・宅配買取を選べるので、家から出ずに自分のペースに合わせて切手を売却できるんです。

適当な買取店選びをすると二束三文で切手を手放すことになり、悔しい思いをしかねませんから厳選して買取店を選びましょう。

 

相見積もりをとってさらに高く買取

1円でも高く伊勢志摩切手を売るコツとしては相見積もりを取ることです。

何社かに伊勢志摩切手の査定を依頼して、その中で一番高く査定額を提示してきた買取店に売ることをおすすめします。

切手買取は相場・切手の状態の見極め・会社の基準の3本柱で決まるのですが、会社によっても差が出ることがしばしば。

どこが一番高く買ってくれるかを見極めるには、査定料が無料のお店に一通り金額を出してもらうのが一番です。

額面程度にしかならないからといって、売却の際に手間を省略するとさらに金額が下がる可能性があるので注意してください。

 

スピード買取がいいならバイセルがおすすめ!

引越しや家の解体などで切手のコレクションを発見、急いで売却したいタイミングならバイセルがおすすめ。

バイセルは申し込みから最短30分で出張買取に来てくれるので、思いついた時にすぐに切手を売れる買取店です。

また店舗をなくして経費を削減、その分を買取金額に回してくれるので切手の買取金額も高いと評判なのが嬉しいポイント。

バイセルのポイント

  • 切手買い取り業界でもトップクラスの水準の買取金額なので予想以上の金額で売却できる可能性がある
  • 無店舗経営を行うことで余分な経費をカットし、買取金額に回すことができる
  • 全国にスタッフを配置しているので申し込みから最短30分と短い時間での査定が可能

バイセルの無料査定はコチラから

 

丁寧で安心の査定がいいなら福ちゃんがおすすめ!

福ちゃんは親切丁寧な接客と査定をしてくれると評判の買取店です。

特殊切手や記念切手など多くの切手を買取してきた実績から、適切な値段で買取金額をつけてくれると評判。

「このスタッフがいうことなら信頼できる」「気持ちの良い取引ができた」という実際の体験談も多いので安心です。

出張買取の際も非常に親切に査定の理由などを教えてくれて助かった、という体験談も多く安心して利用できるお店と言えるでしょう。

福ちゃんのポイント

  • 査定の説明が丁寧で価格にも満足したなど顧客満足度が高い買取店
  • 劣化した切手でも買取になったという声が多く、また買取金額も高い
  • 宅配買取・出張買取が可能なので忙しい方でも家から出ずに切手を売ることが出来る

福ちゃんの無料査定はコチラから

 

3.伊勢志摩切手とは?詳しく解説!

出典:楽天市場

1953年10月2日発行された第1次国立公園シリーズの中の1枚、伊勢志摩切手について解説していきます。

まず第1次国立公園シリーズとは、1934年に日本で初めて国立公園制度ができたことを記念して作られた切手の連作です。

ココがポイント

国立公園制度とは、景観や貴重な動植物が生息する地域を国立公園として指定する制度。自然の保護・環境保全の目的を兼ねています。

実は単発で作られた切手のようなのですが、あまりに人気が出たために20年にも渡って発行されました。

 

第一次と第二次の切手がある

伊勢志摩切手と1口に言っても、実は第1次伊勢志摩切手と第2次伊勢志摩切手があります。

第1次伊勢志摩切手は5円と10円の額面で、図案に5円が波切海岸、10円には二見ヶ浦が採用されているんですよ。

第2次伊勢志摩切手は1750万枚ずつの発行で5円が宇治橋、10円が鳥羽湾をデザインして発行されています。

また第1次は1953年10月2日に、第2次は1964年3月15日に発行されていてわずか10年の間で二度もこの国立公園は切手の意匠となっています。

ココがポイント

第2次伊勢志摩切手は第1次のものよりもさらに買取金額が低いため、買取の際は図案を見間違えないように気をつけてくださいね。

 

図柄には写真が使われている

日本の切手にはイラストが使われることが多かったのですが、国立公園シリーズからは写真を採用しています。

また戦前の国立公園シリーズは風景の写真のみでしたが、磐梯朝日切手からは風景に人物が写り込んでいる写真も使われるようになりました。

当初は逓信省(のちの郵政省)の職員によって撮影された写真を、のちに専門家によって撮影された日本の名景が1枚の切手に収まっています。

日本初のグラビア印刷が用いられていて、各地の公園に出かけなくても日本中の国立公園の景色を楽しめるものだったのです。

 

伊勢志摩国立公園とは

出典:Nippon.com

狭い湾が複雑に入り組んだリアス式海岸が有名な三重県志摩半島一帯を伊勢志摩国立公園と言います。

ココがポイント

1946年11月20日国立公園指定され、英虞湾から見える美しい夕陽が有名です。

この一帯はリアス式海岸がもたらす海流の影響で気候が温暖で、針葉樹やジングウスギが混ざって生えている針広混交林、暖地性シダ群落など豊富な自然が確認できます。

湾を一望できる展望台が伊勢市、鳥羽市などにいくつもあり、絶景を望める観光スポットになっています。

切手のモチーフとなっている波切海岸は熊野灘に面したコースをハイキングできるコース、漁港などがありグルメも楽しめます。

二見ヶ浦は三角州のような形をした海岸で、日本の渚百選にも選ばれています。またここにある夫婦岩は、夫婦が寄り添うように見えることから子孫繁栄の神様として祀られています。

 

4.伊勢志摩切手を少しでも高く売るための4つのコツ

伊勢志摩切手を少しでも高く売りたいかたはいくつかコツを覚えておくとよいでしょう。

使用済み切手でも額面以上の価値がつくものも中にはあるので、覚えておいて損はありませんよ。

 

初日カバーは相場以上の金額で売れる可能性がある

切手が発行された日に使用されて消印が押された切手は初日カバーと呼ばれます。

通常は意図的に台紙に貼り、そこに消印を押してもらうのですが、これを持っている場合は高く売れる可能性も。

使用済みだと数十円程度が限界の伊勢志摩切手ですが、300円程度の金額がつくことがあります。

伊勢志摩切手の発行日は1953年10月2日なので、しっかり日付を確認してみてくださいね。

 

消印の種類でも価値が変わる可能性がある

切手の真ん中に消印の情報が全て収まっている満月印など、消印の押し方によって付加価値がつくことも。

また消印の種類、櫛形印やローラー印など時代によっては珍しい消印が確認できれば金額が上がります。

消印の見分けは切手や消印の知識がないと難しいので、買取店のプロの査定員に見てもらうと良いでしょう。

 

なるべく2種類セットで売ると良い

バラ切手単体だと数十円〜100円程度が相場なのですが、セットで売ると単価がやや上がる可能性があります。

伊勢志摩切手は5円と10円のペアになっているので、揃えて売ったほうが高く売れるかもしれません。

バラバラで別の買取店に売るよりは、まとめて一度に売ってしまった方が高く売れますよ。

 

切手鑑定が得意な買取店を選ぶ

最終的に切手を見る人によって価格が決まるので、出来るだけ査定眼があるプロのスタッフがいる買取店選びをしましょう。

マニュアル頼りの買取店を使ってしまうと、細かい消印の価値などに気づいてもらえない可能性があるのです。

切手を高く売るには買取店選びが重要、そして先ほどお伝えした複数社に査定を取ることも忘れないでくださいね。

 

バイセルの無料査定はコチラから

 

福ちゃんの無料査定はコチラから

-特殊切手

Copyright© 【全10社比較】切手買取おすすめランキング|口コミ体験談から学ぶ賢い売り方 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.