特殊切手

【これだけ?】第二次国宝シリーズ「清水寺本堂切手」の買取価格はどのくらい?

投稿日:

第2次国宝シリーズ第6集「清水寺本堂切手」を売りたい方、相場が気になるところですよね?

買取相場を把握しておけば、安く買い叩く悪徳業者にも引っかからずに済みます。

この記事では「清水寺本堂切手」の買取相場、そして少しでも金額を高く買ってもらうためのポイントを紹介しています。

ぜひ参考にして納得できる金額で「清水寺本堂切手」を売却しましょう!

 

1.清水寺本堂切手の切手買取価格はどのくらい?

出典:モバオク

バラ シート 16種
セット
清水寺
本堂
切手
80円
〜100円
程度
1,000円
程度
2,000円

清水寺本堂切手の買取金額は上記の表のようになりました。

昭和52年に第二次国宝シリーズ第6集として100円の額面で発行された清水寺本堂切手、さほどプレミアがつかないようですね。

セット売りをしたり見本切手があるとこれ以上の金額で売れることもあるようですが、基本的に未使用品で上記の表のような値段になります。

 

ほぼ額面通りの買取価格

清水寺本堂切手の買取金額はほとんど額面と変わらない金額です。

状態が悪い(ヒンジ跡や色褪せがある)場合は額面を下回る80円程度の金額になってしまうこともあります。

シートのまま保管してあったとしても額面合計1,000円を上回ることがないようです。

 

売るならセットで売りたい切手

出典:日本郵便趣味協会

少しでも高く売るのであれば、他の切手とセットで売ることで価格が少し上がる可能性があります。

第二次国宝シリーズ第1集〜第8集までの16枚セットなら2,000円程度とある程度まとまった金額を受け取れますよ。

そのほか特殊切手や記念切手があれば一緒に売ると査定額を上乗せしてもらえることもあるでしょう。

 

2.清水寺本堂切手を売るならバイセル・福ちゃん!

大きくプレミアのつく切手ではありませんが清水寺本堂切手を売るならバイセルや福ちゃんで買取してもらいましょう。

査定料が無料なのでユーザー負担が少ないこと、また査定経験や実績が多いので切手の適正価格を知り尽くしていることがその理由。

買取店選びに失敗すると額面を大きく下回る金額で切手を手放すことになり損をすることもあります。

バイセルや福ちゃんのような実績豊富な大手の切手買取店を選ぶのが少しでも高く売るポイントです。

 

複数社査定を依頼すれば買取価格があがる!?

切手を売るときに覚えておきたいのが複数社に査定を出すことです。

バイセルや福ちゃんは査定料が無料ですから、両方に査定を依頼して提示された金額を比較してみてください。

複数見積もりを取っておけばどこの買取店が一番高い金額で清水寺本堂切手を買い取ってくれるかすぐに分かります。

ぜひ1店舗に絞るのではなく複数の会社に査定を依頼して査定額を比較してから売ってくださいね!

 

早く買い取ってほしいならバイセルがおすすめ!

引っ越しや遺品整理で切手売却を急いでいる方はスピード買取が売りのバイセルを利用するのがオススメ。

バイセルは申し込みから最短30分で査定をしてもらうことができるスピード感のある査定が強み。

早いだけでなく丁寧で感じの良い接客にも定評があるので、全体的に満足できる切手買取が期待できます。

バイセルのポイント

  • 切手買取業界の中でもトップクラスの水準の買取金額なので買取金額にも期待できる
  • スタッフの教育も良く対応も丁寧で好感が持てると口コミが多い
  • 全国にスタッフを配置しているので申し込みから最短30分と短い時間での査定が可能

バイセルの無料査定はコチラから

 

丁寧に査定してほしいなら福ちゃんがおすすめ!

福ちゃんは1枚ずつ丁寧に切手を査定してくれると評判の良い切手買取店です。

アルバムなどで査定に出しても1枚ずつきちんと切手の価値を見極めて、適正価格で買取してくれますよ。

また古い切手や劣化した切手も買い取り対象になったという声が多いので安心して利用できます。

福ちゃんのポイント

  • まとめて切手を売却する際も1枚ずつ丁寧に切手を査定してくれる
  • 査定の説明が丁寧で価格にも満足したなど顧客満足度が高い買取店
  • 国内外に販売ルートを持っているので買取金額も最大限まで値上げしてくれると評判

福ちゃんの無料査定はコチラから

 

3.清水寺本堂切手とは?

次に清水寺本堂切手の概要を解説していきます。

引きの構図で京都の清水寺本堂を捉えた爽やかな絵柄をモチーフとしたデザインです。

1976年から発行が始まった第2次国宝シリーズは発行枚数が多いこと、印刷技術の向上からエラーが少ないことからあまり希少価値がつかない切手です。

しかしコレクターからは日本国宝をテーマとして第1次国宝シリーズと並んで手元に揃えておきたいシリーズ。

切手の作られた背景やシリーズの歴史を理解しておくと、査定員の説明も理解しやすくなります。

ぜひ頭に入れておいてくださいね。

 

第2次国宝シリーズ第6集の切手

清水寺本堂切手は1977年11月16日に発行された第二次国宝シリーズ第6集の中の1枚です。[

ココがポイント

同日に「松に草花図切手」という50円切手も3400万枚発行されています。この二つを合わせて第二次国宝シリーズ第6集と言います。

額面は100円で1800万枚の枚数が発行されました。枚数が少ないのは当時の定型郵便の金額が50円が基準だったためです。

 

清水本堂とは?

798年に建立されたと推定されている清水寺は1952年11月22日に国宝指定され、1994年12月17日には世界文化遺産にも登録されています。

清水寺の創建の発願者は桓武天皇の元で征夷大将軍を務めた坂上田村麻呂、江戸時代になってから徳川家光らによって再建されました。

本堂は「清水の舞台」でご存知の方も多いと思いますが、山の斜面に15メートルの高さの組み木を172本使用して支えられています。

本尊の観世音菩薩像が祀られ、この舞台の上で雅楽や能、狂言を行なう為に作られました。

ココがポイント

本堂の下にある音羽山の清水が流れ込むという音羽の滝があることから「清水寺」と名付けられたそうです。。

 

4.清水寺本堂切手を1円でも高く売る4つのポイント

額面通りの金額が相場の清水寺本堂切手ですが、いくつかのポイントを抑えれば額面以上の金額で買取になることもあります。

今から4つのポイントを解説するので、これから売却を考えている方は参考にしてみてくださいね。

 

第2次国宝シリーズを揃えて売る

第2次国宝シリーズは第1集から第8集まで全部で16枚が発行されています。

シリーズものは揃えて売った方がコレクターに需要が高いので、セットで売った方が全体的に金額がアップするんです。

コレクションで揃っている場合は単体でなくそのまま売りに出すと高値がつきやすいでしょう。

 

見本切手は額面以上の金額で売れる

見本切手という切手の真贋を鑑定するために作られた限定の切手はレアなので高く売れます。

見分け方は「みほん」や「見本」と表面に印字してあるのですぐに判断が可能です。

コレクターからはこの限定切手が非常に人気が高いので、見本と印刷してある清水寺切手があったらラッキーですよ。

 

FDC(初日カバー)を見逃さない

使用済み切手は価値がないとして捨ててしまうところですが、消印をチェックしてくださいね。

発行当日(1977年11月16日)の消印があるものなら、FDCというコレクター人気の高いものになります。

コレクター需要が高いものは比例して買取金額も高くなるので、相場以上の金額で売れる可能性があります。

 

適切な買取店選びをする

適切な買取店選びをすることで少しでも清水寺本堂切手を高く売ることができます。

ここまでご紹介した高価買取のための3つのポイントは、バイセルや福ちゃんのような切手買取実績豊富な買取店で売ったほうがより高く売れるでしょう。

どんな切手が付加価値があるのか、シリーズだとどれくらいの人気があるのかを把握している切手に精通した査定員がいる買取店を選んでください。

 

バイセルの無料査定はコチラから

 

福ちゃんの無料査定はコチラから

-特殊切手

Copyright© 【全10社比較】切手買取おすすめランキング|口コミ体験談から学ぶ賢い売り方 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.