特殊切手

【高額ならず?】第一次国立公園シリーズ「雲仙切手」の買取価格はいくら?

投稿日:

第一次国立公園シリーズ「雲仙切手」が手元にあるけど、どれくらいの金額で売れるのだろう?
どのお店に売れば一番高く楽に売ることができるかな?

切手を売ろうと思って買取店を検索すると予想以上に買取店があり迷ってしまいますよね。

しかし買取相場もどの程度か情報が少ないと、なかなか目安をつけづらいかもしれません。

そこでこの記事では過去の様々な買取履歴を調べて、いくらくらいで雲仙切手が売れるのか、そしてどこのお店が一番高く買取を行っているのか調べました。

雲仙切手を売ろうと思っている方はぜひ参考にしてみてくださいね。

 

1.雲仙切手の買取価格はどのくらいになる?

雲仙
切手
使用済 未使用 20枚
シート
小型
シート
5円 20円
〜50円
50円
〜100円
1,300円
〜2,600円
1,000円
〜数千円
程度

10円 50円
〜100円
160円
〜350円
4,000円
〜8,000円

雲仙切手の使用済み・未使用バラ切手、そして20面シートの買取金額をまとめました。

一番右にある「小型シート」は第1次国立公園シリーズで一貫して発行されているもので、全ての額面が一枚の台紙に印刷されているもののことです。

切手のカタログ価格や過去の買取相場をまとめると、上記のような相場になります。

 

額面通り~やや高い程度の査定額に

買取履歴から見るに、だいたい額面程度〜やや高い金額で取引されているようです。

使用済みだとどの額面も100円以下になることが多いようですが、未使用品なら100円を超えることも珍しくありません。

また5円よりも10円の雲仙切手の方が相対的に高く取引されています。

20面シートも状態にはよりますが、10円切手なら8,000円とある程度まとまった金額で買取になるでしょう。

 

銘版付き切手は高く売れる

出典:ラクマ

切手の一番下に「大蔵省印刷局製造」という文字が印刷されているものは高く売れます。

ココがポイント

大蔵省印刷局とは1871年に大蔵省の管轄で設立された紙幣や切手の製造を手がけていた印刷局。

大蔵省印刷局は、現在は独立行政法人国立印刷局になっているので、今はもう存在しない切手の銘柄になるため稀少性が高く、コレクター人気が高いんです。

もしも切手の余白の部分が残っていて大蔵省印刷局製造という文字があったら、切り離さずに売ったほうが買取金額は上がります。

切手に色褪せがなく、のりも残っている状態なのであれば雲仙国立公園切手10円は1,000円程度で売れることもありますよ。

 

小型シートならさらに高く!?

第1次国立公園シリーズでは全ての額面が一枚の台紙に収まった小型シートが発行されています。

この小型シートは未使用でも使用済みでもそれなりの値段で買取されていて、1,000円〜数千円程度の値段で買取履歴がありました。

小型シートは土台の端っこの部分が色褪せたりしやすいのですが、状態が悪くなっていても1,000円は値段がつく価値の高い切手シートです。

 

 

 

2.雲仙切手の査定ならバイセル・福ちゃんがおすすめ

額面以上の金額がつくことがある雲仙切手を売るのならバイセル・福ちゃんという買取店がおすすめです。

バイセルも福ちゃんも切手買取の基準がトップクラスに高いので、金額面でも期待以上の金額になる可能性がありますよ。

どちらも出張や宅配で切手買取を受け付けているので、近くに店舗がなくても安心!

さらに査定料が無料なので気軽に見積もりをだけを取ることもできるのが嬉しいポイントです。

 

2店舗以上の査定で一番高いところを見つける

次に大事なのは一番高い金額で切手買取をしてくれるお店を見つけることですよね。

そのためには候補のお店全てに切手の査定を依頼して、見積金額を比較してみましょう。

実は切手買取には店舗ごとに額面差が出ることがあるので、複数の買取店に査定を依頼してから一番高い買取店に売ったほうが結果的にお得なのです。

ちょっと面倒に感じるかもしれませんがバイセルや福ちゃんのように査定料が無料ならば気軽に依頼できますよ。

 

高く買い取ってほしいならバイセルがおすすめ!

バイセルは切手買取界でもかなりの高い基準で切手買取を行なっている買取店の1つです。

特にバイセルは高い金額で切手を買ってくれるばかりでなく、申し込みから最短30分で出張査定に来てくれる機動力の高さが強み。

切手の価値は変動する可能性があるものなので、相場に近い金額で売りたいなら思い立った時にすぐに売ることが重要になります。

早く切手の価値を知りたい場合や急いでいて切手コレクションを整理したい場合にぴったりの買取店なんです。

バイセルのポイント

  • 切手買い取り業界でもトップクラスの水準の買取金額なので予想以上の金額で売却できる可能性がある
  • 無店舗経営を行うことで余分な経費をカットし、買取金額に回すことができる
  • 全国にスタッフを配置しているので申し込みから最短30分と短い時間での査定が可能

バイセルの無料査定はコチラから

 

丁寧に査定してほしいなら福ちゃんがおすすめ!

福ちゃんは親切丁寧な接客と査定をしてくれると評判の買取店です。

特殊切手や記念切手など多くの切手を買取してきた実績から、適切な値段で買取金額をつけてくれると評判。

「このスタッフがいうことなら信頼できる」「気持ちの良い取引ができた」という実際の体験談も多いので安心です。

出張買取の際も非常に親切に査定の理由などを教えてくれて助かった、という体験談も多く安心して利用できるお店と言えるでしょう。

福ちゃんのポイント

  • 査定の説明が丁寧で価格にも満足したなど顧客満足度が高い買取店
  • 劣化した切手でも買取になったという声が多く、また買取金額も高い
  • 宅配買取・出張買取が可能なので忙しい方でも家から出ずに切手を売ることが出来る

福ちゃんの無料査定はコチラから

 

3.雲仙切手はどんな切手?

雲仙切手は1953年11月20日に発行された第一次国立公園シリーズの中の1枚です。

ココがポイント

第一次国立公園シリーズは1936年から発行された日本の国立公園制度の制定を記念して作られた特殊切手です。発行当初から非常に人気で、20年来に渡ってシリーズ化されました。

このシリーズの図案には全国の国立公園の写真が用いられ、グラビア印刷という技術を使って印刷されています。

1枚の切手の中で全国の風景を楽しめる、日本で初めてグラビア印刷を使って写真印刷された切手ということでコレクターからも人気が高い作品です。

 

額面は5円・10円

出典:Amazon

切手の額面は2種類で、5円と10円で発行されています。

ココがポイント

戦前に発行された第一次国立公園シリーズ切手は4種類(2銭・4銭・10銭・20銭)の額面がありましたが、戦後郵便料金の改定によって5円と10円の発行に移行していったのです。

当時の貨幣価値はざっくり言うと今の7〜10倍程度と言われているので、だいたい50円切ってと100円切手が発行されていた事になります。

この金額を見ると冒頭の相場表が大体切手の額面通り〜やや上回る金額であることが分かりますよね。

それぞれ400万枚ずつ発行されていて、同国立公園シリーズで発行された支笏湖切手の合計5,500万枚の発行部数と比べるとかなり少なめです。

ココがポイント

支笏湖洞爺切手は郵便料金が改定されたことをきっかけに大量発行されました。そのため支笏洞爺切手は他の国立公園シリーズよりも安めの金額での買取になります。

とはいえ戦前発行の国立公園シリーズ切手と比べると、現代まで残っている枚数が多いので雲仙切手もさほど高い金額はつきません

 

それぞれの図柄はどんなもの?

5円切手に採用されている図案は「ゴルフ場」というもの、そして10円切手の意匠は「雲仙岳」の写真が使われています。

5円切手のデザインとして採用されているゴルフ場は、現在も雲仙ゴルフ場という名前で残っており、山の風景を楽しめる自然豊かな場所として人気です。

出典:Wikipedia

10円切手の衣装なった雲仙岳は平成新山や普賢岳が周辺にある火山帯で、現在も活動している活火山。周辺に硫黄の匂いが立ち込めている地獄谷が有名で、観光スポットにもなっています。

 

雲仙国立公園とは

正式名称は雲仙天草国立公園で、長崎県島原半島と熊本県天草諸島に属する一帯が国立公園に指定されています。

雲仙地区は1934年に雲仙国立公園として国立公園指定されましたが、その後天草地区も公園として追加して「雲仙天草国立公園」に名称を変更されました。

雲仙地域は雲仙岳を中心にした火山で形成された地域で、火山性の地形やシロドウダンなどの植物が生えています。

この地域には高原や湖があり、草花や野鳥を観察できるスポット、さらに周辺には温泉がたくさんあり地獄めぐりを楽しむことができますよ。

天草地域には与謝野晶子が作品で取り上げた天草松島、奇峰などを楽しめる妙見浦が有名です。

山も海も楽しめるレジャースポットになっているのが、この雲仙国立公園です。

 

4.雲仙切手はオークションで高く売れるの?

雲仙切手を売るときにオークションという選択肢もありますが、高額で売れるのでしょうか。

結論から言うとオークションよりも買取店に依頼をした方が金額的にも安定しています。

いくつか理由をご説明するので、オークションと買取店、どちらを利用するか考えてみましょう。

 

オークションの取引履歴はさほど高くない

第一次国立公園シリーズはコレクション目的で購入した人も多いため、特に戦後発行のものは高く売れません。

つまりオークションで販売してもさほど高い値段で落札されることは期待できないのです。

買取店の方が切手の相場やコレクターへの販路が豊富なので、結果的に額面は高くなるでしょう。

 

オークションには何かと手数料がかかる

オークションを利用するのに登録料がかかる場合もありますし、落札の際には売り上げから10%程度のお金が惹かれます。

発送の際の手数料も落札者との交渉によっては出品者が負担しなければなりません。

これらの経費を考えると、1枚高くて100円程度の雲仙切手をオークション出品するのは損と言えるでしょう。

バイセルや福ちゃんならこれら一切の手数料がかからないので、経費の面でも買取店がオススメです。

 

出品者と落札者の間でトラブルが起きることも

オークションに切手を出品するときは写真や文章で切手の状態を伝える必要があります。

しかし写真の光の加減によっては正確に落札者に状態が伝わらないことがあり、実物が届いてから文句を言われることもあるのです。

その場合は返品の手数料などをこちらが負担することになりかねません。

買取店で直接査定をしてもらえば状態がうまく伝わらないこともないので、トラブル回避の意味でも買取店の方がおすすめです。

 

バイセルの無料査定はコチラから

 

福ちゃんの無料査定はコチラから

-特殊切手

Copyright© 【全10社比較】切手買取おすすめランキング|口コミ体験談から学ぶ賢い売り方 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.