特殊切手

【額面通り】第一次国宝シリーズ「白紅梅図ペア切手」の買取価格と売り方

投稿日:

第一次国宝シリーズ「白紅梅図ペア切手」を売りたいかたは買取相場が気になりますよね。

この記事を読めば買取相場から買取金額を上げるポイント、さらに金券ショップと買取店のどちらに売却すれば良いかが分かります。

ぜひ最後まで読んで「白紅梅図ペア切手」の売却への不安を解消してくださいね。

 

1.白紅梅図ペア切手の買取価格相場は?

バラ シート 22種
セット
白紅梅図
ペア
切手
15円
〜20円
400円
程度
2,000円

白紅梅図ペア切手は2枚セットで一枚の絵になる切手で、買取金額は未使用で15円程度、20枚綴りで売ると400円程度の値段になるようです。

また飛鳥時代から江戸時代までの国宝をモチーフとした第一次国宝シリーズ全集を売りに出すと2,000円程度でやりとりされていました。

単品やシートでも枚数がないとまとまった金額を受け取れる切手ではありません。

 

額面通りが相場

白紅梅図切手は15円切手なので、額面と同じくらいの金額での買取になります。

額面通りくらいの金額になるので、査定に出すときは額面合計と同程度なら妥当な買取金額と言えるでしょう。

シートでは400円程度なので額面合計よりもやや高くなります。

シートを見つけた場合は余白に切れ込みが入ったりしないように、ファイルなどに入れて保管しておくとよいでしょう。

 

査定額を高くするならセットor初日カバー

もっとまとまった金額を受け取りたい場合は、シリーズ物を揃えて売る、初日カバーの切手を売ることがおすすめです。

第一次国宝シリーズ「江戸時代」の3種類である「白紅梅図切手」「十便図切手」「きじ高炉切手」を揃えることで額面より高い金額で売れる可能性があります。

また先ほどもお伝えしたように1967年から発行されている「第一次国宝シリーズ22種」をセットで売れば2,000円程度を超えるでしょう。

使用済みでもFDC(発行日の消印が押してあるもの)であれば高く売れます。

過去には第一次国宝シリーズのFDCを含む第一次国宝シリーズ22種が6,000円程度で取引された履歴もありました。

 

2.白紅梅図ペア切手はバイセル・福ちゃんでの査定がおすすめ

白紅梅図ペア切手を売るときはバイセルや福ちゃんのような切手買取専門店を利用しましょう!

額面以上にならないとがっかりしたかもしれませんが、状態によってはバイセルや福ちゃんなら満足できる値段がつくかもしれません。

特に切手の状態、付加価値などをしっかりと見極めるのは素人ではなかなか難しいので、プロの査定員がいるバイセルや福ちゃんで鑑定してもらうことをおすすめします。

過去にも特殊切手を多く買取してきた実績のある会社なので、安心して査定を依頼できますよ。

 

価格アップには複数社査定がカギ!

さらに切手買取の際は複数社に査定を依頼することで査定額を上げることができますよ。

バイセル、福ちゃん両方に査定を依頼すると両社で買取金額を競って、さらに高い査定額を提示してくれる可能性もあります。

切手の状態は査定員の判断や会社で決まっている基準によっても差が出るので、少なくとも一番高く買ってくれる買取店を見極めることができるのです。

面倒でも複数の会社に査定を依頼して、切手の買取金額を比べてから売るようにしてくださいね!

 

スピード買取ならバイセルがおすすめ!

切手の買取を引越しや遺品整理で急いでいる場合、スピード買取でおなじみのバイセルがオススメです。

バイセルは申し込みから最短30分で査定が可能という驚異的なスピード感で切手を売却できる買取店。

全国に査定員がスタンバイしているので、店舗が近くにないという方でも気軽に査定を依頼できますよ。

バイセルのポイント

  • 全国各地にスタッフがスタンバイ!申し込みから最短30分で査定ができるスピード感が強み
  • スタッフの教育も良く対応も丁寧で好感が持てると口コミが多い
  • 切手の買取金額の水準も高いので白紅梅図切手や一次国法シリーズを高値で買ってくれる可能性も

バイセルの無料査定はコチラから

 

満足のいく買取なら福ちゃんがおすすめ!

福ちゃんは安心できる丁寧な査定でおなじみの切手買取店です。

接客や査定の内容説明も丁寧ですし、口コミを見ても金額面でも納得のできるものだったという感想が多数。

切手鑑定のプロが在籍している買取店なので、状態が多少古くても適正な価格で切手を買い取ってくれます。

福ちゃんのポイント

  • 古い切手や劣化した切手でも買取になったという口コミが多い
  • 査定の説明が丁寧で価格にも満足したなど顧客満足度が高い買取店
  • 国内外に販売ルートを持っているので買取金額も最大限まで値上げしてくれると評判

福ちゃんの無料査定はコチラから

 

3.白紅梅図ペア切手ってどんな切手?

日本が誇る国宝をモチーフとし、1969年9月25日に発行された15円切手です。

第一次国宝シリーズ第7集「江戸時代」の中の1枚で、同時に「きじ高炉切手」「十便図切手」が発行されています。

ココがポイント

第一次国宝シリーズとは1967年から発行された日本国宝をモチーフとした切手のシリーズ。飛鳥時代から江戸時代までの日本の国宝が意匠として採用されました。

日本の切手ブームの最中である1969年に発行されたこのシリーズは、発行枚数の多さや投機目的で集めた人が多かったと言われています。

2種類の絵柄を連続して印刷した切手で、2つの切手を並べると1枚の絵柄が完成するようにデザインされています。

 

白梅図・紅梅図

出典:MOA美術館

切手のデザイン画となったのは「白梅図・紅梅図」という切手で、正式には「紅白梅図屏風」という名前で国宝指定されています。

現在はMOA美術館に展示されていて、金のベースの中央にはなだらかな川、左右に白梅と紅梅が描かれた優美な作品です。

右側に描かれた紅梅は画面を飛び出すように描かれ、白梅は枝が画面の外から少し覗くような左右非対称の構図になっています。

中央の流水の紋様を描くのには銀箔にマスキングして紋様を描き、周囲を硫化変色させるという独特の技術が用いられるなど、尾形光琳の晩年の集大成とも言える作品です。

 

尾形光琳とは?

「白梅図・紅梅図」を描いたのは江戸時代を代表する画家の一人である尾形光琳です。

尾形光琳は京都の呉服商の生まれで、30歳の頃に父が亡くなった後は財産を遊びに使い尽くすなど、享楽的で貴族的な生活を送っていたそうです。

真剣に画家として活動を始めたのは40歳の頃で、幼少期から培った富裕層的な感性や呉服商の子供に生まれた芸術的センスで京都の裕福な公家や画家を相手に画家として生計を立てるようになりました。

尾形光琳の代表作としては「白梅図・紅梅図」のほか「燕子花図」「孔雀葵花図」などの屏風絵が多く残されています。

そのほか小袖の絵付けや陶器の絵付けなど、幅広い作品を現在でも確認することができます。

 

3.白紅梅図ペア切手は金券ショップで高く売れる?

白紅梅図ペア切手は金券ショップでも売ることができます。

買取相場は額面程度ですが、金券ショップでも同じくらいの金額で売れるのでしょうか?

 

金券ショップでは額面割れの可能性がある

金券ショップはだいたい切手の額面の8割程度で買取を行っています。

買取店なら額面通りの金額でも、金券ショップではそれ以下の金額になる可能性があります。

金券ショップは安く金券を買い取り、額面通りの金額で売ることで利益を得ているので当然と言えるでしょう。

買取店よりも金券ショップの方が買取金額は低いと言えます。

 

FDCなどでも買取金額が上がらない、買取不可の可能性も

切手を専門的に扱っている金券ショップは少ないため、FDCなどのコレクターにとって価値のある切手でも売れない可能性があります。

使用済みと判断されれば買取不可になってしまうのです。

切手査定に強いスタッフがいるとも限りませんので、切って買取店に依頼してほうが無難と言えるでしょう。

ココがポイント

金券ショップに切手を売るよりも切手買取専門店に売った方が買い取り金額は高い可能性があります。特にFDCを売る時やセット売りの際は買取店がおすすめです。

 

バイセルの無料査定はコチラから

 

福ちゃんの無料査定はコチラから

-特殊切手

Copyright© 【全10社比較】切手買取おすすめランキング|口コミ体験談から学ぶ賢い売り方 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.