特殊切手

【高額買取ならず】第一次国宝シリーズ「十便図切手」の買取価格はいくら?

投稿日:

十便図切手を売りたい方はどのくらいの値段で売れるのか、またどこに売れば良いか迷いますよね。

この記事では十便図切手の買取相場やなるべく高く売るポイント、またオークション出品と買取店どちらで売るべきかを解説しています。

第一次国宝シリーズや十便図切手を売りたい方は参考にしてみてくださいね!

 

1.十便図切手の買取価格相場はいくら?

出典:letao

バラ シート 22種
セット
十便図
切手
15円
〜20円
400円
程度
2,000円

第一次国宝シリーズ「江戸時代」で発行された「十便図切手」の買取相場をまとめました。

バラ、20枚綴りシート、第一次国宝シリーズ22枚のセットの買取金額は以上のデータのようになります。

基本的に額面程度の金額で、シートで売れば額面の合計をやや上回る400円程度で買取されていました。

ココがポイント

通常切手はバラで購入する人が多いのでシートの方がレア度が高い、またコレクターにとって目打ちが不揃いにならないシート状の方が需要が高いためです。

 

額面通りが関の山

十便図切手は15円の額面の切手ですので、買取金額は額面通りが関の山と言えるでしょう。

余白と銘柄がついている状態であること、またはシート状であれば額面合計を上回る金額での買取が可能なようです。

シート状の切手を売るときはシートの余白に切れ込みが入るとバラ扱いになることもあるので、査定までは保管状態に気をつけましょう。

 

セットで売れば高額も期待できる!?

十便図切手は第一次国宝シリーズ「江戸時代」で1969年9月25日に発行された切手です。

少しでも高く売りたいのであれば江戸時代で発売された3種類「十便図切手」「白紅梅図ペア切手」「きじ高炉切手」のセットで売却すると、額面以上の金額で売れる可能性があります。

まだコレクションが見つかった場合は第一次国宝シリーズ22種類だと2,000円の買取金額が期待できるでしょう。

セット売りをすることで単品バラ切手よりも高い値段で売れる可能性があると覚えておいてくださいね。

 

2.十便図切手はバイセル・福ちゃんでの査定がオススメ

十便図切手を売る場合はバイセルや福ちゃんのような買取店に依頼するのがおすすめです。

これまでにも多くの切手を買取してきた買取店なので、十便図の状態や相場を総合的に判断して適正価格を提示してくれるでしょう。

バイセル、福ちゃんは両方切手の販売ルートも知識も豊富に持っているのも強み。

出張買取や宅配買取にも対応しているので、店舗が近くにない場合にも安心して利用できますよ。

 

2店舗以上での査定がおすすめ!

切手買取のレートはバイセル、福ちゃんでも設定が異なる場合があるので2店舗以上で査定をとりましょう。

切手の査定の知識としてはどちらも優秀なので、両方に査定をとって買取金額を比較するのがおすすめ。

査定の金額を比較すればどこが一番十便図切手を買い取ってくれるか一目でわかりますよ。

少しでも高い金額で切手買取をしてもらいたいのであれば2店舗以上に査定を依頼してみてくださいね。

 

少しでも高く買い取ってもらうならバイセルがおすすめ!

高額買取で有名な「バイセル」なら十便図切手を高い水準の金額で買取してもらえる可能性があります。

口コミを確認しても「期待以上の金額で買取をしてもらえた」という口コミが多いのがポイント。

金額面でより高い値段を期待するのであればぜひ「バイセル」に査定申込をしてみましょう。

バイセルのポイント

  • 切手買取の値段が高いと評判が良く業界でもトップクラスの買取金額を誇る
  • スタッフの教育も良く対応も丁寧で好感が持てると口コミが多い
  • 事前に切手買取について無料で相談ができるので初めて利用する方でも安心できる

バイセルの無料査定はコチラから

 

古い切手や汚れた切手の査定なら福ちゃんがおすすめ!

1969年発行の十便図切手ですから、発見した時に汚れや劣化が確認されることもあるでしょう。

福ちゃんはシミや汚れなどの状態が悪い切手でも買取をすると謳っている買取店なので、劣化で買取不可になることが少ないでしょう。

劣化した状態の切手でも買取金額が高かったという体験談も多いので、金額面でも期待ができます。

福ちゃんのポイント

  • 古い切手や劣化した切手でも買取になったという口コミが多い
  • 1枚ずつ丁寧に切手を査定してくれるのでまとめ売りをしても価値のある切手を見落とさない
  • 他店との相見積もりを取って最終的に福ちゃんを選んだという声も

福ちゃんの無料査定はコチラから

 

3.十便図切手ってどんな切手?

十便図切手は1969年9月25日に発行された第一次国宝シリーズ第7集「江戸時代」で発行されました。

額面は15円で2200万枚と枚数で発売されています。

切手のモチーフは池大雅が描いた「十便帖」の「釣便」が採用されています。

ココがポイント

池大雅は江戸時代に活躍した文人画家です。7歳から唐様の書を勉強し始め、「神童」と呼ばれるほど天才的な書道の腕を持っていたそうです。その後文人画を作成し始め、中国の故事や日本の風名を様々な画風で描いています。

 

十便の中の釣便図が図柄

切手の意匠となったのは池大雅の「十便帖」の中の「釣便」という絵です。

ココがポイント

十便帖とは真の劇作家である李漁が別荘である伊園での生活の中から十の便利なこと、十二の楽しいことを詩にした「十便十二宜詩」を絵として表現したものです。

李漁は当時山の中の別荘で生活しており、訪問客が「このような山奥だとさぞ不便だろう」と聞いた際に「この自然の生活の中にも楽しいこと、便利なことがある」として詩を読みました。

この詩の中で「田を耕す身、水を汲むに、洗濯をするに、畑に水をやるに、釣りをするに、詩を吟ずるに、農を課するに、樵をするに、夜の仕度をするに、眺めるのに便利な生活である」と読んでいます。

池大雅はこの詩を基にして自然と共生することで人間の生活が豊かで楽しくなる、ということを絵で表現しました。

 

十便十宜は2名の合作

出典:Wikipedia

切手のモチーフとして採用されたのは「十便帖」ですが、実はこの作品は与謝蕪村が描いた「十宜帖」との合作です。

李漁が吟じた詩は「十便十二宜詩」というものでしたが、十二宜が2つ失われていたために「十便十宜」として作成されました。

十宜帖はり自然が四季や天気によって移り変わる「十の素晴らしいこと・良いこと」を描いた作品で、「春夏秋冬・暁・晩・晴・風・陰・雨」の10の情景が描かれます。

これと十の便利な事を描いた「十便帖」を合わせて「十便十宜」と呼びます。

 

4.十便図切手はオークションで売ったら高くなるの?

オークションで売れば自分の希望金額で売れるのでは?と考えている方もいるでしょう。

しかし3つの理由からオークションよりも切って買取店での売却がオススメです。

理由を解説していくので、迷っている方は検討の材料にしてみてくださいね。

 

オークションの落札相場は額面程度

オークションで売っても買取店で売ってもどちらも相場は額面程度です。

落札希望金額を設定することはできるのですが、そこまで値段が上がるかは保証されません。

自分の希望金額を大きく下回る金額で切手が売れる可能性もあるでしょう。

 

買取店は査定料が無料だがオークションは手数料がかかる

 

インターネットオークションは落札手数料が約10%かかります。

バイセルや福ちゃんでは切手買取の査定手数料がかかりませんので、手数料的な面でも安くすみます。

額面通りの金額で落札されても、そこから手数料を引かれると手元に残る金額はさらに減ってしまいます。

 

写真や説明文を打ち込む必要がある

オークションの出品では切手の写真や説明文を打ち込む必要があります。

これが意外と面倒で、切手の表面・裏面に加えて劣化が見られる場合はそのシミやシワなども写真と説明文で記載しなければなりません。

買取店での査定ではこういった手間を省くこともできます。

ココがポイント

総合的に買取金額・手間や手数料の面でも買取店に依頼する方が高い金額を受け取れるでしょう。特にバイセル・福ちゃんなどの査定料無料の買取店を選ぶのがポイントです。

 

バイセルの無料査定はコチラから

 

福ちゃんの無料査定はコチラから

-特殊切手

Copyright© 【全10社比較】切手買取おすすめランキング|口コミ体験談から学ぶ賢い売り方 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.