特殊切手

【シートが高い!?】第一次国立公園シリーズ「大山・瀬戸内海切手」の買取価格は?

投稿日:

第1次国立公園切手「大山・瀬戸内海切手」が家から見つかったけど、いくらくらいで売れるの?

買取金額をしっかりリサーチしておかないと、後から「もっと高く売れたのに」なんて後悔することになりかねません。

この記事では大山・瀬戸内海切手の買取金額、そしてどこに売れば一番高く買ってもらえるのかを調べてまとめました。

切手売却店を探している方、遺品整理で切手コレクションが見つかった方はぜひ参考にしてみてくださいね。

 

1.大山・瀬戸内海切手の買取価格は?

大山・
瀬戸内
切手
使用済 未使用 50枚
シート
小型
シート
2銭 30円
〜50円
60円
〜80円
7,000円
〜1万円
1,000円
〜2,000円
4銭 250円
〜400円
250円
〜400円
4万円
〜7万円
10銭 1,000円
〜1700円
1,700円
〜2,500円
10万円
〜16万円
20銭 1,000円
〜1700円
1,700円
〜2,500円
10万円
〜16万円

大山・瀬戸内海切手の買取金額は上記の表のようになりました。

状態によってはかなり差が出るようですが、4銭以上の金額であれば数百円から数千円、シート上なら高い金額での買取金額が期待できます。

ちなみに小型シートは各額面のものが1種類ずつ揃った4枚シートで、備品であれば2,000円程度の金額で買取が可能ですよ。

 

状態が悪くても高めの査定額になる!?

大山・瀬戸内海切手は状態が悪くても1,000円を超える査定額が出たという履歴もあります。

通常切手の買取は状態が悪いほど金額が下がるのですが。第1次国立公園シリーズ「大山・瀬戸内海切手」については買取金額が高いので安心。

それでも状態が良いに越したことはないので、発見時から劣化させないように適切に保管をしておくとよいでしょう。

 

バラよりシートのほうが高く売れる?

また大山・瀬戸内海切手はバラの状態よりもシート状の方が高く売れます。

冒頭のデータを見ていただくとわかるように、もっとも買取金額が低い2銭も7,000円以上、さらに10銭や20銭は10万円を超えることも!

シートは少しでも切れ目を入れた時点でバラ切手と同じ扱いになるので、決して切り離さないようにしてくださいね。

 

10銭・20銭はより高く買取可能

大山・瀬戸内海切手は発行枚数が10銭と20銭のみ30万枚とかなり少なく、そのため希少価値が高いです。

切手の買取金額は現存する切手の少なさに比例するので、10銭と20銭はプレミアが付いています。

特に50枚綴りシートがまるごと残っていることは少ないので、シートを見つけたらかなりの金額で売れることが期待できるでしょう!

 

2.大山・瀬戸内海切手はバイセル・福ちゃんで査定!

せっかく高値で売れる可能性のある大山・瀬戸内海切手を売りたいならバイセル・福ちゃんで査定をしてもらいましょう。

バイセルも福ちゃんも特殊切手買取実績が豊富、ベテランのスタッフが切手を鑑定してくれるので切手の勝ちを見誤る事はありません。

どちらも査定料が無料、さらに出張や宅配買取にも対応しているので切手を売りに家を出なくても良いのもポイント。

もちろん買取金額面でも業界トップクラスの買取店なので、高く便利に切手を売りたい方にオススメです。

 

2店舗以上の査定なら買取価格アップ!

また切手を売る場合は2店舗以上に査定をしてもらうことがオススメです。

切手の買取金額は、切手の希少性・相場に加えて状態の見極めが肝心ですが、この状態の判断は査定員の感覚によっても変動します。

そのため査定員が変われば買取金額の提示額が変わることはよくあること。

一社に絞って最低金額だともったいないので、複数の買取店の見積もりを依頼して一番高く買ってくれる買取店を見極めてから売りましょう。

 

高額査定を目指すならバイセルがおすすめ!

切手の買い取り基準が業界でもトップクラスに高いバイセルでも買取がオススメです。

会社によって切手の買い取り基準額が違う場合もあるので、少しでも高い買取額を期待する方はバイセルのような高額買取が可能なお店を利用しましょう。

口コミでも「金額がとても高くて驚いた!」という声が多い買取店なので信頼して査定を申し込みできますよ

バイセルのポイント

  • 査定の時間も非常に短いので、忙しくて時間がなくても切手査定をしてもらうことが可能
  • 無店舗経営を行うことで余分な経費をカットし、買取金額に回すことができる
  • 全国にスタッフを配置しているので申し込みから最短30分と短い時間での査定が可能

バイセルの無料査定はコチラから

 

満足できる取引がいいなら福ちゃんがおすすめ!

切手を売る場合は1枚ずつ丁寧に査定をしてしっかりと価値を見極めてほしいものです。

福ちゃんは査定員が切手を実際に手にとって、しっかりと丁寧に査定をしてくれるので価値を見落とすことがありませんよ。

実際に利用した方からも「丁寧な査定で、結果にも納得の取引ができた」と多くの喜びの声が寄せられています。

福ちゃんのポイント

  • 切手のまとめ売りでも一枚ずつ丁寧に査定をしてくれるので価値ある切手を見落とさない
  • 査定の説明が丁寧で価格にも満足したなど顧客満足度が高い買取店
  • 宅配買取・出張買取が可能なので家から出なくても切手を売ることが可能

福ちゃんの無料査定はコチラから

 

3.大山・瀬戸内海切手とは?

出典:letao

1939年に発行された第1位時国立公園シリーズの中の1枚で、正式には「大山国立公園切手」「瀬戸内海国立公園切手」という名前です。

発行日は1939年4月20日、1934年に開始した日本の国立公園制度の確立を記念して作られた特殊切手で、日本にある国立公園をモチーフとしています。

デザインに使われている写真は全て逓信省の職員が撮影してきたものと言われています。素人とは思えない美しい写真は、大掛かりな機材やセットを導入して撮影されました。

ココがポイント

逓信省とは当時の郵便事業を統括していた省庁、のちに民営化されて日本郵便がこの業務を引き継ぎました。

切手の意匠には大山国立公園と瀬戸内海国立公園の写真が4種類用いられ、その全景が望めるデザインになっています。

 

額面は2銭・4銭・10銭・20銭

出典:Letao

大山・瀬尾内海切手の額面は4種類あり、2銭・4銭・10銭・20銭が発行されました。

2銭の発行枚数は150万枚、4銭の発行枚数は75万枚、10銭・20銭はそれぞれ30万枚という枚数で発売されています。

ココがポイント

当時の郵便料金の基準は2銭と4銭。2銭はハガキを送る際に必要な金額、4銭は封書を送るときの定型金額でした。

 

図柄は二つの公園

大山・瀬戸内海切手の図柄に採用されているのは二つの公園、大山隠岐国立公園と瀬戸内海国立公園です。

大山隠岐国立公園は島根、鳥取、岡山県の3つの県にまたがって存在し、1936年に大山を中心としてその周辺の地域が国立公園となりました。

瀬戸内海国立公園は1934年に日本初の国立公園として指定された地域で、小豆島や鷲羽山・現在は北九州や和歌山市にまで及ぶエリアが瀬戸内海国立公園に指定されています。

ココがポイント

さらにこのエリアの中から2銭には「大山」4銭には「屋島」10銭には「あぶと観音」20銭には「鞆の浦」がデザインとして採用されました。

 

10銭と20銭は発行枚数が少なかった

10銭と20銭は当時の貨幣価値では500円、1000円の価値があり切手としてはかなり高額。

当時はまだ国際郵便なども盛んに送られることのない時代のため、10銭と20銭は30万枚ずつしか発行されませんでした。

それゆえシート、バラ共に現在にまで残っている切手の枚数が少ないのです。

そうなるとコレクターにとってはプレミアがつくため、10銭と20銭は飛び抜けて買取金額が高くなっています。

 

4.大山・瀬戸内海切手は金券ショップで高価買取が可能!?

大山・瀬戸内海切手は金券ショップで売ることも可能ですが、結論から言うとお勧めできません。

高価買取、という点に注目するとどうしても買取店の方が期待できるからです。

 

金券ショップであまり高値が期待できない理由を説明するので、どこに売るかの参考にしてみてくださいね。

 

切手を専門的に扱う金券ショップが少ない

まず金券ショップは現行切手や商品券、切符類の取り扱いが多いため切手の取り扱いの専門家ではありません。

現行切手でも額面の8割程度での買取がメインなので、高価買取を行うのが業態上難しいのです。

また金券ショップに立ち寄る客層もコレクターよりはチケットや金券を割安で買いたい層が多いので、レア度の高い切手の取り扱いをしている金券ショップ自体が少ないです。

 

若いスタッフは切手の知識があまりないことが多い

出典:letao

金券ショップのスタッフはマニュアルで教育された若い人も多く、あまり切手の知識が豊富ではないようです。

現行切手なら取扱可能ですが、昭和初期に発行された第1次国立公園切手などの古めの切手の査定はできない可能性もあります。

せっかくの価値を分かってもらえない可能性も高いので、切手の買取には不向きです。

 

まとめ売りの際は仕分けが必要

また金券ショップに切手のコレクションを売るのであれば、金額や絵柄ごとに仕分けが必要なことが多いです。

仕分けをせずに持っていくと、仕分けの手数料を引かれることもあります。

バイセルや福ちゃんであれば切手の仕分けをしなくても査定員が1枚ずつ丁寧に査定してくれます。

手間を省くという意味でも、切手を売る際は金券ショップよりも切手買取専門店の方がオススメ。

 

使用済み切手が売れない可能性がある

使用済み切手の中にも消印の日付、種類によっては価値が高いものがあります。

しかし金券ショップでは買取不可とされて、買取すらしてもらえないこともあるのです。

例えば発行当日の消印が押されたFDC(初日カバー)、船内印が押されたものなどは価値が高いのですが、消印の種類を判別できないこともあります。

バイセルや福ちゃんの査定員は使用済みの中でも価値のある切手を見つけるスキルがあるので安心です。

 

買取店の方が高額で売れる可能性が高い

結論としてはバイセルや福ちゃんのような切手を専門的に扱う切手買取店の方が大山・瀬戸内切手を高値で買える可能性が高いです。

バイセルや福ちゃんは切手コレクターに広い販路を持っているので、それだけ値段を上げることも可能。

また紹介したような使用済み切手などの付加価値を見逃しません。

切手を少しでも高く売るなら、切手買取専門店に依頼することをオススメします。

 

バイセルの無料査定はコチラから

 

福ちゃんの無料査定はコチラから

-特殊切手

Copyright© 【全10社比較】切手買取おすすめランキング|口コミ体験談から学ぶ賢い売り方 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.