特殊切手

【希少価値高!】第一次国立公園シリーズ「日光切手」の買取価格はいくら?

投稿日:

第1次国立公園シリーズで1938年クリスマスの日に発行された「日光切手」。

希少価値が高く、額面によってはバラ切手でも1,000円を超える値段での買取が期待できる切手です。

しかし切手買取相場を知っておかないと、安く買い叩かれたり後から「ここで売ればよかった」なんて後悔することに。

この記事では切手買取の相場だけでなく、どこで売るのが一番お得なのかを解説します。

ぜひ切手を売る際に参考にしてみてくださいね。

 

1.日光切手の買取価格相場はいくら?

日光
切手
使用済 未使用 50枚
シート
小型
シート
2銭 30円
〜60円
60円
〜90円
7,000円
〜1万円
1,000円程度
4銭 30円
〜60円
30円
〜60円
7,000円
〜1万円
10銭 800円
程度
800円
〜1,000円
10万円
〜23万円
20銭 800円
程度
800円
〜1,000円
13万円
〜35万円

日光切手の買取相場は上記の表のようになっているようです。

2、4、10、20銭によって発行枚数の違いから、金額にかなり差があるのが分かりますね。

小型シートは4種類の額面が全て揃って台紙に貼り付けられているもので、まとめて1,000円程度の値段がつくことが分かりました。

 

10銭・20銭なら高く売れる!

表を見ると2、4銭と比べて10銭、20銭の値段が格段に高いことが分かりますよね。

実は日光切手の発行枚数は2銭と4銭が400万枚、250万枚だったのに比べて、10銭と20銭は50万枚とかなり少なめの枚数しか流通していません。

戦前の日本の混乱している時期に作られた切手であること、発行枚数が少ないことから現代にまで残っているものが少ないのです。

バラもそうですが、50枚シートはかなり希少で特に10銭は10万円を超える金額で取引されることも。

美品であれば20万を超える値段での買取も期待できる希少な切手なのです。

 

消印によっては高額になることも

また2銭と4銭は買取金額がかなり低いと感じるかもしれませんが、消印によってはかなり高額がつくことがあります。

過去の履歴を調べると、台湾櫛型の消印「TAINAN」のもの、船内印「タツタ丸」の消印が押されたものは7,000円から17,000円の価格で取引されていました。

ココがポイント

台湾櫛形の消印は日本統治下の台湾で使われていた消印。船内印はその名の通り、船から郵送物を送る際に使用された消印。どちらも希少性が高く、切手コレクターにこれらの消印が押されたものは人気が高いです。

額面により金額が低い、また使用済みだから高く売れないと諦めず、消印までしっかりチェックしてみましょう。

案外お宝の消印が押されている切手なのかもしれませんよ。

 

できれば全てセットで売ること

可能であれば日光切手の全種類を揃えて売ることで買取金額がさらに上がることが期待できます。

シリーズもので複数枚発行された切手は、セットになっているだけでコレクター需要が上がり、買取金額がそれだけ高くなるのです。

家に全種類揃っていればそのままセットで売りに出すようにしてください。

セット売りの場合はさらに金額が上がり、ある程度まとまった金額を受け取ることができるでしょう

 

2.日光切手を査定するならバイセル・福ちゃんがオススメ!

日光切手を査定する際に困るのが買取店選びですよね。

迷っているならバイセル、福ちゃんという切手に精通した買取店がオススメです

バイセルも福ちゃんも業界でもトップクラスの買取実績と買取金額を誇る買取店で、どちらも査定にかかる費用が無料!

切手の仕分けも必要ないので、まとめて切手を売りに出したい時もダンボールのまま査定に出せて便利です。

 

複数社査定でより高く売る!

切手を売るときは複数の買取店全てに査定を依頼して、見積もり金額を見比べてから売ると良いでしょう。

複数の買取店の見積もりを見比べることで、どこが一番高く手元にある日光切手を評価してくれる買取店かわかります。

切手買取は査定員の経験によっても状態の見極めに差が出て、金額が変わることがよくあるので複数社査定をしないと損をするかも。

絶対に損をしたくないなら、査定料無料の買取店を選んで複数社査定を利用してみてくださいね。

 

素早い査定がいいならバイセルがおすすめ!

忙しい方は出張査定の時間すら取れないなんてことありますよね?

それなら素早い査定でおなじみのバイセルに査定を依頼してみてはどうでしょうか?

申し込みから最短30分で査定が可能、さらに査定の時間も短くてすぐに査定結果が出るので忙しい方にぴったりですよ。

バイセルのポイント

  • 査定の時間も非常に短いので、忙しくて時間がなくても切手査定をしてもらうことが可能
  • 無店舗経営を行うことで余分な経費をカットし、買取金額に回すことができる
  • 全国にスタッフを配置しているので申し込みから最短30分と短い時間での査定が可能

バイセルの無料査定はコチラから

 

満足のいく取引がいいなら福ちゃんがおすすめ!

切手を売る場合は1枚ずつ丁寧に査定をしてしっかりと価値を見極めてほしいものです。

福ちゃんは査定員が切手を実際に手にとって、しっかりと丁寧に査定をしてくれるので価値を見落とすことがありませんよ。

実際に利用した方からも「丁寧な査定で、結果にも納得の取引ができた」と多くの喜びの声が寄せられています。

福ちゃんのポイント

  • 切手のまとめ売りでも一枚ずつ丁寧に査定をしてくれるので価値ある切手を見落とさない
  • 査定の説明が丁寧で価格にも満足したなど顧客満足度が高い買取店
  • 宅配買取・出張買取が可能なので家から出なくても切手を売ることが可能

福ちゃんの無料査定はコチラから

 

3.日光切手ってどんな切手?

1934年に日本で初めて国立公園化された日光公園をモチーフとし、1938年12月25日に発行された特殊切手です。

第1時国立公園シリーズの2枚目として発行された切手で、1枚目には富士箱根切手という切手が1936年に発行されています。

ココがポイント

1936年発行の富士箱根切手は国立公園制度の始まりを宣言するもので、実際に第1時国立公園シリーズの1枚目はこの「日光切手」であるという人もいます。

第1次国立公園シリーズは、日本の国立公園をモチーフとした切手で、各地の美しい風景を切手に収めたもの。

昭和11年から20年の間発売されましたが、戦前のものは特に稀少性が高く、プレミアのある切手とされています。

 

額面は2銭・4銭・10銭・20銭

日光切手の額面は4種類、2銭、4銭、10銭、20銭が発行されました。

ココがポイント

当時はハガキを送るのに2銭、提携の封筒で郵便を送る際に4銭が使用されていました。2銭と4銭が最も利用頻度の高い切手だったんですね。

絵柄は金額ごとに分けられていて、金額ごとに違う写真を意匠として採用しています。

 

日光切手に採用されている図案は?

日光切手の意匠として使用されているのは、逓信省の職員が撮影した日光公園の写真です。

ココがポイント

逓信省とは…現在の総務省の前身で、通信事業を統括する役目を担っていました。郵便事業が民営化されるまで、この逓信省が郵便事業を行なっていたんです。

日光切手の4種の写真の数枚の撮影には本格的な機材が導入され、プロさながらの方法で写真が撮影されたようです。

切手の図面は全て違った場所が採用されていて、以下のように副題がついています。

2銭…中禅寺湖

4銭…華厳の滝

10銭…神橋

20銭…あやめ平

日光国立公園の中の美しい情景を垣間見ることのできる写真で、今でも切手コレクター達に愛される切手です。

 

10銭・20銭は発行部数が少なく価値が高め

日光切手の中でも10銭と20銭は特に発行枚数が少なく、それだけレア度が高くなります。

ココがポイント

2銭は400万枚、4銭は250万枚、10銭と20銭は50万枚ずつしか発行されていません。

この発行枚数の違いは先ほどもお伝えしたように郵便料金で利用頻度が高いものが2銭と4銭だったからです。

当時の10銭はだいたい今でいう400円から500円くらいの価値があり、切手としてはかなり高額の部類でした。

20銭切手に至ってはその倍なので、だいたい1,000円の価値がある切手です。

そのためこの2枚については発行枚数が極端に少なく、現在にまで残っている切手が非常に少なくなります。

 

4.日光切手をオークションで売るとさらに高くなる!?

日光切手をオークションで出品しようと考えている方もいるかもしれません。

価値がある切手なので、オークションに出品すればそれなりの金額になる可能性もあります。

しかし今から解説する理由から、オークションよりも買取店に査定に出した方がお得な場合も。

内容を読んで、オークションか買取店に売るかを検討してみてください。

 

希望落札金額に届くかどうかはギャンブル

オークションを利用する際は落札希望金額を一応設定はしますが、そこまで落札額が上がるかは時の運です。

切手コレクターがたまたまオークションを見ていれば高い金額で入札してくれる可能性もありますが、目に止まらなければ希望額より安い金額で落札される可能性も。

最近切手収集ブームは去っていて需要も減っているのは事実なので、オークションよりも買取店に出した方が高く売れる可能性が高いのです。

 

手数料を引かれると手元には9割くらいしか入らない

オークションを利用すると落札手数料を引かれますから、だいたい9割程度しか手元に残りません。

日光切手が1,000円程度で売れたとしても900円程度しか入ってこないのです。

さらにここから梱包にかかる経費なども差し引くので、900円を切る値段しか手元に残らない可能性があります。

手間や経費の面から言っても、無料査定を行っているバイセルや福ちゃんのような買取店に依頼する方が良いと言えるでしょう。

 

切手の写真や説明文を用意する手間がかかる

切手をオークションで出品する際は、切手の状態がわかる写真数枚と説明文が必要。

この手順を怠ると、後から「落札したが状態が悪いので返金してほしい」などと落札者からクレームが入る可能性もあります。

さらに返金の際の送料や手数料はこちら持ちなので、結果的に損をすることも。

切手に詳しくない方が安易に稀少性の高い切手を出品するとトラブルになりやすいため、直接プロが査定してくれる買取店の方が結果的には楽です。

 

買取店なら手間や金額面でも安心できる

バイセルや福ちゃんのような切手買取店なら、落札額が上がるかハラハラしたり、説明文や写真を用意する必要はありません。

どちらも出張買取や宅配買取に対応しているので、査定員に切手を直接見てもらってお金を受け取るだけで済みます。

また金額面でも高水準の買取店なので、オークションよりも高い金額で売れる可能性も多いにあるでしょう。

これらの比較から、オークションよりも切手買取店へ依頼した方が安定した金額を楽に受け取れます。

 

バイセルの無料査定はコチラから

 

福ちゃんの無料査定はコチラから

-特殊切手

Copyright© 【全10社比較】切手買取おすすめランキング|口コミ体験談から学ぶ賢い売り方 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.