特殊切手

【額面通り?】第一次国宝シリーズ「阿修羅切手」の買取価格は安い?

投稿日:

第一次国宝シリーズは鮮やかな印刷が特徴で日本国宝を特集したシリーズものです。

その中の阿修羅切手はどの程度の買取相場で売れるのでしょうか?

この記事では阿修羅切手の買取相場、おすすめの買取店や高く買ってもらえるポイントをお伝えします。

阿修羅切手の売却を考えている方はぜひ参考にしてください。

 

1.阿修羅切手の買取価格はいくら?

出典:Amazon.co.jp

バラ シート 22種
セット
阿修羅
切手
20円
〜30円
400円
〜500円
2,000円

阿修羅切手は第1次国宝シリーズ第2集で発売された3枚のうちの1つですが、流通の多さから現在はほぼ額面通りの金額での買取になります。

20枚綴りのシートであれば500円程度で取引された履歴もありました。

阿修羅切手を売るならばシート状、または複数枚揃った状態で売る方が高く売れるようです。

 

人気の仏像であるだけに以前は高かった

奈良県興福寺にある阿修羅像は、現代でも人気の高い仏像です。

その阿修羅像をモチーフとした切手だけに、切手ファンからも仏像ファンからも人気のある切手でした。

今も切手コレクターからは需要がある切手ではありますが、一時はさらに高い値段で取引をされていました。

 

現在はほぼ額面通りの買取価格に

現代は切手収集ブームがさった事もあり、ほぼ額面通りの金額での取引に落ち着いています。

より高い値段を売るならばシート状のまま売る、または第1次国宝シリーズ22種類を全て揃えて状態で売る方が良いでしょう。

 

2.阿修羅切手を売るならバイセル・福ちゃんがオススメ!

額面より若干上乗せした金額で買取してもらえる阿修羅切手は、ぜひバイセルや福ちゃんのような切手買取店に売るのがおすすめ。

バイセルも福ちゃんも切手買取店としては大手で、年間切手買取の実績も豊富。

阿修羅切手の状態などをしっかりと査定して適正価格で切手買取をしてもらえるでしょう。

 

高価買取は相見積もりで実現!

バイセルと福ちゃんの2社を紹介しましたが、どちらが高く買ってくれるの?と疑問が湧いてきていませんか?

そんな方はぜひバイセルと福ちゃんの両方に査定を依頼してみてほしいのです。

相見積もりという方法ですが、こうする事で切手の買取金額を比較することが可能。

比較した上で一番高く買取をしてくれる会社に阿修羅切手を売りましょう!

 

スピード買取ならバイセルがおすすめ!

切手収集ブームが去った後、切手の買取相場は全体的に下がってきていますので、切手買取は思い立ったが吉日で、なるべく早く売るのに越したことはありません。

スピード感のある買取が売りのバイセルなら、思い立ってその日に切手を売却することが可能です。

最短申し込みから30分で出張買取に来てくれたという事例もあるので、急いで切手を売却したいときにおすすめの買取店です。

バイセルのポイント

  • 全国各地で出張査定員がスタンバイしているのですぐに売りたいときに出張買取対応が可能
  • 満足できる買取価格を追求しているので金額的にも満足できたという口コミが多い
  • 事前に切手買取にまつわることを相談することができるので安心して利用できる

バイセルの無料査定はコチラから

 

丁寧な買取なら福ちゃんがおすすめ!

高額査定とスタッフの丁寧な対応で有名な福ちゃんなら、満足できる買取をしてもらえますよ。

切手に詳しい査定員が在籍していて、1枚ずつ切手の査定を行って1つ1つ適正な価値を判断してくれます。

出張買取や宅配買取にも対応しているので、家から出ずに切手買取を行えるのも便利です。

福ちゃんのポイント

  • グローバルな流通ネットワークを持っているので切手の高価買取が可能
  • 大量の切手でも丁寧に査定をしてくれて買取金額にも満足だったと口コミが多い
  • 他店との相見積もりを取って最終的に福ちゃんを選んだという声も

福ちゃんの無料査定はコチラから

 

3.阿修羅切手はどういう切手なの?

阿修羅切手とは1968年2月1日に発行された第一次国宝シリーズ22枚のうちの第2集の切手です。

ココがポイント

第2集の題材は奈良時代で第2集では同時に「月光菩薩切手」「吉祥天切手」が発行されました。

 

単色印刷でなく迫力ある切手

阿修羅切手シリーズは従来の単色や凸版のみの印刷方法でなく、多色刷りで作られた切手です。

迫力のあるカラフルで大型阿修羅切手は発行部数は2200万枚、額面は15円で発行されています。

印刷方式は色の異なるインキをザンメル銅に4色のインクをつけて印刷するザンメル印刷の技術と凸版の技術を合わせてプリントされて作られたもの。

細かな部分も鮮やかな色彩で印刷ができるため、阿修羅像のダイナミックな印象を引き立てています。

 

阿修羅像とは?

切手のモチーフになった阿修羅像とは、奈良県にある興福寺西金堂に安置された日本最古の阿修羅像「八部衆像・阿修羅像」のことです。

阿修羅とは仏法を守る守護者である「八部衆」の中の三面六臂(顔が3つに腕が6本)の阿修羅という神様です。

ココがポイント

元は全体的に赤い漆を塗られていたそうで、厳しい顔立ちと相まってかなりの迫力があったそうです。

興福寺西金堂は江戸時代に一度火災で焼失したのですが、この阿修羅像は焼け落ちた中から無事に発見されたと言います。

 

写真ではなくイラストを採用

阿修羅切手は阿修羅像の写真を元にデザイナーの久野実の絵を意匠として採用したものです。

阿修羅像は本来は153センチの少年のような姿の立った姿の像ですが、デザインは横長で上半身の部分がアップ担っています。

阿修羅像の特徴である三面六臂、そして元は戦争の神様であった阿修羅像の厳しい顔立ちをしっかりと描写しています。

 

4.阿修羅切手を1円でも高く売るための3つのポイント

阿修羅像を1円でも高く売るためには3つのポイントを押さえておきましょう。

額面通りではなく、少しでも高い金額での買取をしてもらうために覚えておいてください。

 

第2集3種類を揃えると査定金額が高くなる

第一次国宝シリーズ第2集は3種類「阿修羅切手」「吉祥天切手」「月光菩薩切手」が発行されています。

この3つの切手を揃えて売ることで、バラ売りするよりも高い金額を手に入れることができるでしょう。

 

第1集22枚セットで売る

また第一次国宝シリーズは1967年から飛鳥時代〜江戸時代の日本国宝をモチーフに発行されたシリーズです。

さらに高値での買取を希望するなら、22枚セットで売るのが良いでしょう。

冒頭でもお伝えしましたが買取金額はおよそ2,000円程度にはなります。

 

シート状のまま査定に出す

ラ切手だとおおよそ額面程度ですが、20枚綴りのシートのままだと額面をやや上回る400円〜500円程度で売ることができます。

阿修羅切手は流通量が多いので、価値が上がりにくいのですた収集家にとってはシート状の方が高く売れるのです。

20枚綴りシートを見つけたら、そのまま査定に出すようにしましょう。

 

バイセルの無料査定はコチラから

 

福ちゃんの無料査定はコチラから

-特殊切手

Copyright© 【全10社比較】切手買取おすすめランキング|口コミ体験談から学ぶ賢い売り方 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.