特殊切手

【プレミア価格も!】第一次国立公園シリーズ「霧島切手」の買取価格相場は?

投稿日:

霧島切手の買取金額をリサーチしていると、なんとプレミア価格がつくことがわかりました!

金額にもよりますが、霧島切手を売りに出せばかなりの金額が手に入る可能性があります。

そこでこの記事では霧島切手の買取相場のほか、どんな方法で霧島切手を売るのが一番高いのかと検証、まとめました。

霧島切手を売りたいけどどこで売ろうか迷う、という方は相場も含めてぜひ参考にしてみてくださいね。

 

1.霧島切手の買取価格はいくらくらい?

霧島
切手
使用済 未使用 50枚
シート
小型
シート
2銭 50円
程度
60円
〜80円
5,000円
〜8,000円
4,000円
程度
4銭 100円
〜130円
150円
〜180円
1万円
〜1万4千円
10銭 1,100円
〜1,300円
2,000円
〜2,400円
12万円
〜15万円
20銭 1,300円
〜1,500円
2,500円
〜3,000円
16万円
〜25万円

霧島切手の買取金額はこちらの表のようになりました!

実際に取引をされている金額、買取の履歴などを参考にまとめたもので、状態やセット売りなどによってかなり差があるのがわかりますね。

手元にある霧島切手の額面がいくらか、またセットなのか使用済みなのかなどによって買取金額に差が出るでしょう。

 

額面通りのものからそれ以上まで

霧島切手の買取相場は、2銭や4銭は概ね額面通りでさほど高い金額での取引にはならないことがわかりました。

しかし10銭や20銭については使用済みのものでも1,000円を超える金額、さらにシートになると10万円を超える金額での取引も確認できました。

これは当時の郵便料金が2銭や4銭がハガキや手紙に使われる一般的な料金だったために発行枚数が多く、10銭や20銭は使用頻度の少なさから発行枚数が少なかったことが要因です。

霧島切手の中でもプレミアになりやすいのは10銭や20銭のものと覚えておきましょう。

 

20銭切手はプレミア価格に!

特に霧島切手の中でも20銭切手はかなりのプレミア価値がついています。

未使用のものであれば1枚2,500円以上の金額で買取になる可能性があり、50枚シートは状態が良ければ20万円を超える金額で取引されます。

第1次霧島国立公園切手の20銭切手は発行枚数がわずか35万枚と少なく、高額な切手のためにあまり購入者もいなかったのです。

戦争の混乱に乗じて失われたものも多く、現代にまで残っている切手の枚数が少ないためにプレミア価格になりました。

 

バラとシートどっちが高い?

戦前切手でシートのまま残っているのは希少価値が高く、2銭切手でもシート状の方が高い金額で取引されます。

単品だと1枚60円程度ですが、50枚シートだと5,000円程度の値段で取引されています。

単価にすると100円程度になるので、シートの方がプレミアがついているのが分かりますね。

また霧島切手には4種類の額面が一枚の台紙に印刷された小型シートというものがあり、この小型シートは4,000円程度で買取になります。

バラよりもシートの方が価値が高くなるため、査定に出す際には切り離しさずにそのまま売りに出すことが重要ですよ。

 

 

2.霧島切手はバイセル・福ちゃんでの査定がお得

霧島切手をお得に買取してもらうなら、バイセルや福ちゃんのような査定料がかからない買取店を選びましょう。

特にバイセルや福ちゃんは査定料が無料なだけでなく、買取金額においても口コミ評判も良い買取店なのがポイント。

余計なお金はかけずに、レベルの高いスタッフに高い金額で切手を買取してもらいたいですよね?

そんな方にぴったりなのが業界でも大手で切手買取実績が豊富なバイセルと福ちゃんなんです。

 

高く売るなら相見積もりは必須!

プレミア価格がつくこともある霧島切手をより高く売りたいなら、相見積もりは必ず取るようにしてください。

相見積もりとは複数の会社で同じ切手の査定をしてもらうことで、どのお店が一番高く切手を買ってくれるか見極める方法です。

切手の買取は査定スタッフの状態判断、会社の買い取り基準によっても上下するので、見積もりを取っておかないと損してしまうことも。

事前に査定料が無料な買取店を複数社選んで相見積もりを取っておけば、一番高く買ってくれるお店を簡単に比較できてお得ですよ。

 

手っ取り早く買い取ってほしいならバイセルがおすすめ!

貴重な切手だけど早めに買取して整理してしまいたい、という方はバイセルがオススメ。

バイセルは全国各地へ出張が可能、さらに申し込みから最短で30分で出張対応してくれるので待ち時間がありません。

査定自体もスピーディで的確と評判が良いので、全体的にスピード感を持って切手を売りたい方にぴったりな買取店です。

バイセルのポイント

  • 査定の時間も非常に短いので、忙しくて時間がなくても切手査定をしてもらうことが可能
  • 無店舗経営を行うことで余分な経費をカットし、買取金額に回すことができる
  • 全国にスタッフを配置しているので申し込みから最短30分と短い時間での査定が可能

バイセルの無料査定はコチラから

 

丁寧に満足のいく取引がいいなら福ちゃんがおすすめ!

じっくりと査定をして丁寧に満足のいく取引をしたいなら福ちゃんがオススメです。

福ちゃんは査定員が出張、宅配に訪れて1枚ずつ丁寧に切手を鑑定してくれたという声が多く、親切な接客に定評のある買取店です。

切手の買取金額にも対応にも満足を求めるなら、顧客満足度の高い福ちゃんを利用してみると良いでしょう。

福ちゃんのポイント

  • 切手のまとめ売りでも一枚ずつ丁寧に査定をしてくれるので価値ある切手を見落とさない
  • 査定の説明が丁寧で価格にも満足したなど顧客満足度が高い買取店
  • 宅配買取・出張買取が可能なので家から出なくても切手を売ることが可能

福ちゃんの無料査定はコチラから

 

3.霧島切手ってどんな切手?

出典:Mecca Mall

1934年に日本では国立公園制度が始まり、その記念として1936年から第1次国立公園シリーズの切手の発行が始まりました。

霧島切手は1940年8月21日に発行された特殊切手で、九州地方にある霧島国立公園の雄大な風景を捉えて切手のフレームに収めたものです。

第1次国立公園シリーズで意匠として採用された写真は逓信省(当時通信事業を担っていた省庁で、現在だと総務省や日本郵便株式会社、NTTなどにあたります)の職員が撮影したもの。

ココがポイント

写真撮影には本格的なカメラや機材を持ち込み、プロさながらの手法で撮影した写真だそうですよ。

 

額面は2銭・4銭・10銭・20銭がある

霧島切手の額面は他の国立公園シリーズ切手と同じく4種類、2銭・4銭・10銭・20銭があり、図案はそれぞれ「韓国岳」「高千穂峰」「霧島神宮」「六観音御池」となっています。

額面によって発行枚数が異なり、2銭が120万枚、4銭が100万枚、10銭と20銭が35万枚ずつの発行部数でした。

額面によってかなり発行された枚数が違うのは、2銭が当時のハガキ、4銭が封書の定型送料だったためです。

10銭は現在の価値に直すと大体500円くらいの価値があり、10銭と20銭は書留や外国への郵便物を送るためのものでした。

ココがポイント

当時は第一次世界大戦が終わり、情勢的にも不安定でしたからこれらの高級切手の使用頻度はさほど高くなく、それゆえ2銭・4銭などの切手よりも発行枚数がかなり少ないんですね。

これがゆえに現存する切手が少なく、特に20銭切手は現在ではかなりのプレミア価格がつく切手になりました。

 

霧島とは?

出典:Wikipedia

霧島とは鹿児島県と宮崎県の境目にある火山群を総称したもので、別名を霧島火山群や霧島連峰と呼びます。

ココがポイント

単体で霧島山という火山はなく、個別に名称を持つ火山が集まったものを総称して霧島と呼ぶそうです。

霧島は現在でも活発に活動する活火山軍で、周囲にはその地熱を利用した温泉街、また発電にもその熱が利用されています。

霧島には高山地帯と火山地帯という独特な気候で、多く位の珍しい植物や生物が生息しています。

また天照大神の命令を受けて邇邇芸命(ににぎのみこと)が降臨したとされるのが霧島だとされていて、古代から神の住む山並として山岳信仰の対象となっていました。

 

第二次発行の霧島切手もある

霧島切手は第2時国立公園シリーズでもモチーフに採用されています。

1968年に日本郵便から発行されたもので、7円と15円の額面で2種類が発行されました。

図案は「高千穂の峠」「屋久島本富岳」で、発行部数が1500万枚と1700万枚、合わせて3200万枚が発売されました。

戦後に作成された切手であること、枚数が多く流通したことからプレミア価格がつくものではありません。

戦前発行の霧島切手と混同しないように気をつけましょう。

 

4.霧島切手はオークションで高く売れる?

霧島切手をオークションで出品したい方は、切手買取専門店とどちらが高く売れるか迷っていますよね。

実はオークションに出すと、切手買取専門店で売るよりも損をしてしまう可能性があります。

いくつか理由をお伝えするので、霧島切手をどの方法で売るかの検討の参考にしてみてくださいね。

 

手数料がバカにならない

オークションで落札されると、1割程度の手数料を引かれます。

例えば20銭の50枚シートが20万円で売れたら、2万円手数料を持っていかれることになるんです。

バイセルや福ちゃんなど手数料が無料の買取店を利用していれば、査定額が同じでも20万円全額手に入ります。

手数料があるために結果的にはオークションの方が損をする可能性が高いんです。

 

希望落札金額よりかなり少額で落札されることがある

霧島切手はかなり価値のある切手ですが、切手収集ブームが下火なのは事実。

オークションでレアな切手を出していても、コレクターが見ていなければ落札金額は希望額まで上昇しないでしょう。

それどころから落札希望金額のかなり手前で競り落とされてしまう可能性もあるんです。

買取店を利用した方が相場を参考にした金額で買ってくれるので安心ですよね。

 

クレームが起きたら全て自己責任

霧島切手のようなプレミア切手を売る時は状態や切手の内容について誤解のないように写真や説明文を掲載せねばなりません。

コレクターが霧島切手を落札した場合「状態が希望と違う!」などとクレームが起こり、返金を要求してくる可能性もあります。

その際は返品の送料、返金手数料などはすべて出品者が負担することになり、結果的には損をしてしまいますよね。

買取店に直接売れば状態を目で見て確かめてくれ、後から「話が違う」なんてクレームがつく心配もありません。

 

バイセルの無料査定はコチラから

 

福ちゃんの無料査定はコチラから

-特殊切手

Copyright© 【全10社比較】切手買取おすすめランキング|口コミ体験談から学ぶ賢い売り方 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.