特殊切手

【高価買取は期待できず】第一次国宝シリーズ「姫路城切手」の買取価格は?

投稿日:

第一次国宝シリーズの「姫路城切手」を売ろうと思っている方、買取相場のリサーチはおすみですか?

この記事では姫路城切手の買取相場、そしてなるべく高く売れるポイントをまとめています。

またオススメの切手買取店や、買取店でなるべく高額査定を出すコツも解説。

切手売却をしようと思っている方はぜひ参考にしてみてくださいね。

 

1.姫路城切手の買取価格はいくら?

バラ シート 22種
セット
姫路城
切手
15円
〜30円
程度
300円
〜400円
程度
2,000円

姫路城切手の買取相場は上記のようになりました。

シート20枚綴り、セットというのは第一次国宝シリーズ22枚のセットという意味です。

 

姫路城切手は額面通りの買取価格に

姫路城切手は15円切手なので、額面通りの買取金額ということができるでしょう。

切手の状態などによっては額面より少し上回っているデータがありましたが、概ね15円程度の取引が一般的です。

金額を少しでもあげたい場合はFDC(初日カバー)の物を売る、なるべく切手をまとめて売るなどの工夫をすると良いでしょう。

 

シートなら少しは高くなる?

15円切手の20枚綴りシートで発行された切手ですので、シートのままだとある程度単品より高く売れます。

額面合計の300円〜やや額面合計を上回る400円程度の金額で取引されているようでした。

シートの方がコレクターにとっても利用価値が高いため、シート状の方が高く売れそうですね。

シートのままの姫路切手をお持ちならば、切り離さないでそのまま売りに出した方が高値で売れるでしょう。

 

2.姫路城切手を売るならバイセル・福ちゃんへ!

第一次国宝シリーズの「姫路城切手」を売るならバイセルや福ちゃんなどの切手買取店に任せましょう。

バイセル、福ちゃんどちらも切手買取実績が豊富な会社なので、しっかりと切手の価値を見極めることが可能。

またまとめ売りなどをする際に切手の仕分けをしなくても良いので、自分で査定の準備をする手間も省くことができます。

どちらも買取金額面でも接客面でも評判の良い買取店なので、安心して姫路城切手を売りに出すことができますよ。

 

複数社査定なら高額買取も!?

バイセル、福ちゃん双方に査定を出せば高額の買取が期待できますよ。

もちろん紹介した2社以外にも候補があれば同時に見積もりを取って金額を比べてみましょう。

切手の買取金額は会社の基準や査定員によってバラツキが出がちなので、その差をしっかりと比較して一番高く買ってくれる買取店を探すことが重要。

複数社査定を利用すれば、一番高い金額で買ってくれる買取店を簡単に見つけられますよ。

 

高額買取希望ならバイセルがおすすめ!

買取金額の高さを求めるならバイセルがオススメです。

バイセルの買取価格は業界でもトップクラスで、口コミを見ても希望していた金額以上の高値で買い取りになったという声も多いんです。

さらに申し込みから最短30分で査定が可能というスピーディさもポイントの頼れる切手買取店です。

バイセルのポイント

  • 業界トップクラスの実績を持つ買取店で金額面でも高価買取になったという声が多い
  • スタッフの教育も良く対応も丁寧で好感が持てると口コミが多い
  • 無店舗型経営で経費を削減し、なるべく切手を高く買取してくれる

バイセルの無料査定はコチラから

 

満足のいく買取希望なら福ちゃんがおすすめ!

丁寧な接客と分かりやすい説明で評判の良い福ちゃんもオススメです。

福ちゃんのスタッフは対応が丁寧で査定の説明も明瞭だと評判なので、不満の残る取引にはなりません。

特殊切手の買い取り経験も多いスタッフが多数在籍していて、しっかりと切手の価値を見極めてくれるでしょう。

福ちゃんのポイント

  • グローバルな流通ネットワークを持っているので切手の高価買取が可能
  • 非常に丁寧な対応と査定の内容の明瞭さが評判の買取店
  • 他店との相見積もりを取って最終的に福ちゃんを選んだという声も

福ちゃんの無料査定はコチラから

 

3.姫路城切手ってどんな切手?

1969年7月21日発行の15円切手で、第一次国宝シリーズ第6集「安土・桃山時代」の中の1枚です。

この切手が発行された1967〜1969年当時、日本は切手収集ブームのピークを迎えていました。

白鷺城とも呼ばれる美しい白壁の姫路城の全景を切り取った図案を採用した切手です。

 

残っている枚数が多い切手

日本で投資目的の切手収集ブームだった時代に発行された切手のため、愛好家たちはこぞって第一次国宝シリーズを購入しました。

また15円切手という当時の定型郵便のポピュラーな金額(現在の82円切手相当)のものだったため、2100万枚と発行枚数も多め。

流通量の多さと切手ブームの時代が合間って、いまだに現存しているものが多く、そのために希少価値がつきづらくなっています。

 

切手ブームのピークの頃の切手

戦後の日本での復興とともに1960年代から切手収集ブームが日本で始まりました。

切手のデザイン性や、価値の高さを見込んで投機的に切手を集める人が増えていたのです。

第一次国宝シリーズは1969年発行の切手なので、まさに切手収集ブームが到来していた時代に発行された切手でした。

 

姫路城とは

姫路城とは兵庫県姫路市にある世界遺産にも登録された日本の名城100選にも選定されたお城です。

姫路城は別名「白鷺城」とも呼ばれ、元となった城は1346年に赤松貞範によって築城されたと言われています。

ココがポイント

築城した人物は西播磨地域で権力を持っていた黒田重隆・職隆親子によるもの、という説もあります。

1346年に築城された城をもとに、戦国時代に池田輝政が城の改築・増築を行い、現在の形の城郭が作られました。

1580年に豊臣秀吉が播磨を征伐した際に家臣からこの城を献上され、石垣で城郭を覆う、天守閣を増築するなどして姫路城と改名しました。

 

4.姫路城切手を少しでも高く売るための4つの方法

姫路城切手を少しでも額面以上の金額で売りたいですよね?

そのためには4つの方法があります。

姫路城切手を売却する際にぜひ参考にしてくださいね。

 

第一次国宝シリーズ22枚セットで売る

第一次国宝シリーズは1967年〜1969年まで22種類の切手が発行されています。

この22枚のセットをまとめ売りした履歴を確認すると、2,000円程度で取引されていました。

額面以上の金額で売るにはセット売りすると良いようです。

 

シート状のままで切り離さずに売る

20枚綴りのシートが残っているなら、バラさずにそのままで売りに出しましょう。

シートの買取金額は最大で400円程度になる可能性があるので、単品よりも買取金額が高いのです。

切り離してしまうと一気に金額が落ちるので、シートのままで売りに出しましょう。

 

余白がついていると査定額がアップする可能性もある

切手の使いかけの状態で余白がついている場合がありますが、その余白が希少価値を高める可能性があります。

特に銘柄といって「大蔵省印刷局製造」という文言がついているものはコレクター人気が高くなります。

只のバラ切手よりも余白が残っている状態の方が高く売れる可能性があるので、余白が中途半端に残っていても切り離さずに売りに出すと良いでしょう。

 

FDC(初日カバー)をまとめ売りするとまとまった金額になる

初日カバーといって、発行当日の消印が押された切手と封筒のセットはコレクター人気が高いです。

発行日の消印があるものだと額面以上の金額がつく可能性があります。

過去には第一次国宝シリーズ22集のFDCコレクションをまとめて売却し、6,000円という金額で売れたという履歴もありました。

FDCかどうかを確認するには消印の日付を確認してみてくださいね。

 

バイセルの無料査定はコチラから

 

福ちゃんの無料査定はコチラから

-特殊切手

Copyright© 【全10社比較】切手買取おすすめランキング|口コミ体験談から学ぶ賢い売り方 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.