記念切手

【使用済みのほうが高い!?】飛行郵便試験記念切手の買取価格は?

投稿日:

日本で初めて郵便に空路が使われるきっかけとなった飛行郵便試験は1919年10月に実施されました。

現在は使用されていない航空便専用の切手は希少価値が高く、その中でも飛行郵便試験記念切手はかなりの高額で売ることができます。

この記事を読めば買取相場や買取のコツ、また取引において知っておかないと危険なことが分かります。

ぜひ最後まで読んで、飛行郵便試験記念切手の買取の役に立ててください。

 

1.飛行郵便試験記念切手の買取価格はいくら?

使用済 未使用 FDC
1.5銭 6,000円程度 1万4000円
〜3万円
6万円
〜9万円
3銭 1万7000円程度 2万5000円
〜4万5000円
6万円
〜9万円

こちらが飛行郵便試験記念切手の買取相場一覧です。

使用済みでも5,000円以上の金額を狙えるかなりのお宝切手であることがわかるでしょう。

 

非常に希少価値が高いため高価買取が期待できる

まず飛行郵便試験記念切手は、航空切手という航空便専用の切手で今は使用されていません。

まさに幻の切手とも言えるプレミア切手で、未使用のものなら1万円はくだらない金額での取引ができるのです。

飛行郵便試験記念切手の概要は後ほどご説明しますが、1枚持っていれば臨時収入に十分な金額を受け取れる切手と言えるでしょう。

 

未使用よりも使用済みのほうが希少価値は高い

当時の郵便は陸便が主流で、ライト兄弟が明治36年に初の有人飛行を成功させてから郵便に飛行機が用いられるようになりました。

日本で航空便が導入されたのが1919年ですが、当時はさほど航空便が普及していなかったのが実際のところ。

そのため未使用の切手よりも、消印が押されて実際に航空便で運ばれた使用済みの切手の方が数が少ないのです。

 

FDC(初日カバー)はさらに買取価格アップ!

封筒に貼られた状態でも、消印が1919年10月3日のものであれば6万円〜9万円の価値があります。

ココがポイント

なぜFDCの価値が高いのかというと、発行された当日に使用された切手の希少価値が非常に高いためです。

そもそも飛行郵便試験記念切手自体の使用済みのものが少ないため、そこからさらに発行当日に使用されたものはコレクター人気が高くなります。

消印の日付を確認して1919年10月3日のものであれば、かなりの買取金額を期待して良さそうです。

 

2.飛行郵便試験記念切手を売るならバイセル・福ちゃんがオススメ

すでに幻の切手である飛行郵便試験記念切手のような価値のある切手は、きちんと知識と経験のあるバイセルや福ちゃんのような買取店に売却しましょう。

買取店として実績と信頼のある買取店でないと、価値をわざと安く見定めて買い叩くことがあるからです。

さらにバイセルや福ちゃんのような大手買取店は、記念切手の販売先も豊富に持っています。

販路が充実していることで、買取金額を最大にまで上げることができるのです。

 

相見積もりをとれば買取価格もアップ

バイセルも福ちゃんも評判の良い買取店ですから、どちらを利用するか迷ってしまいますよね。

どちらも査定料がかかりませんから、2つの買取店に同時に見積もりを依頼してみましょう。

2社に依頼しておけば、どちらかより高く買取をしてくれるか判断しやすいからです。

ぜひ両方に買取依頼をして、見積もりを比べてからどちらに売るか決めてみてください。

 

高額査定を希望するならバイセルがおすすめ!

記念切手の高価買取の口コミが多いバイセルなら、飛行郵便試験記念切手を高く買ってくれるでしょう。

査定料も無料ですし、全国に出張対応が可能です。

コレクターへの販路も広いので、高価買取を期待できる買取店です。

バイセルのポイント

  • 記念切手の買取経験が豊富で信頼が置ける
  • 事前相談・アフターフォローも手厚いので安心
  • 無店舗経営することで経費をカットして切手の高価買取を実現

バイセルの無料査定はコチラから

 

丁寧な査定を希望するなら福ちゃんがおすすめ!

「福ちゃん」は丁寧な対応と切手の正確な査定で定評のある買取店です。

リピーターも多いですし、買取実績も多いですから、それだけ信頼して大正大礼記念切手の査定を任せられますよね。

スタッフの積極の良さや切手買取金額も口コミが良いので、ぜひ見積もりを取ってみましょう。

福ちゃんのポイント

  • 査定スタッフの対応の丁寧さや査定の正確さに定評がある
  • 1枚ずつしっかりと丁寧に切手を査定してくれる誠実な対応
  • 色ヤケのある切手でも買取金額が予想以上に高かったという口コミが多い

福ちゃんの無料査定はコチラから

 

3.飛行郵便試験記念切手の価値が高い理由は?

1919年10月3日は日本で初めての航空便の日本人による試験飛行が行われる予定であった日です。

ココがポイント

1912年にアメリカの飛行士であるウォーター氏が東京と横浜の郵便飛行に成功しているので、日本人による初めての飛行の記念になります。

その日を記念して旧大正紙切手(田沢型)に石版で飛行機のイラストを加刷したのがこの切手。

ハガキは赤いインクで飛行機が、封書は黒いインクで飛行機が印刷されています。

買取の前にどのような経緯で発行された切手なのかをみて行きましょう。

 

郵便飛行機の試験飛行記念の切手

郵便を運ぶのに陸路を主流としていた日本で、郵便飛行機が導入されました。

1919年10月3日がテスト日として設定され、120便の郵便を詰んで東京を飛び立つ予定でしたが、実際にはその日にテストは行われませんでした。

ココがポイント

実際のテスト飛行は雨天で中止、成功したのは10月22日でした。3機の飛行の内1機は水田に着陸、2機は無事に目的地の大阪に到着しました。

諸外国が郵便飛行機を導入する中、日本もついに郵便機を導入したことへの記念の意味で発行された切手だったのです。

 

東京と大阪の郵便局限定発売のため希少

当時東京と大阪間しか飛行機が運行していませんでしたので、東京と大阪の郵便局でしか販売されなかったのです。

そのため発行部数も少ないですし、東京と大阪に住んでいた人や仕事などで観光した人しか手に入れられない切手でした。

ココがポイント

当時の飛行機には大量の郵便を積めませんでしたから、使用済みのものもかなり少なくなります。

 

もともとの発行部数が少ない

日本で初めての航空切手として発行された飛行郵便試験記念切手は、以下の枚数で発行されています。

  • 1.5銭…5万枚
  • 3銭…3万枚

飛行郵便を導入したばかりというのもあり、枚数をかなり限定して発行しているのです。

そのため希少価値が高く、コレクターはぜひ手元に集めたいと熱望するプレミア切手になりました。

 

4.飛行郵便試験記念切手の偽物が多くある!?見分け方は?

すでに発行されていた田沢型の大正紙切手に飛行機をプリントしたものなので、簡単にレプリカを作ることができてしまいます。

お手元にある飛行郵便試験記念切手が贋作の可能性もあるのでご注意ください。

 

見分けるのは素人には困難…プロの鑑定を受けるのが無難

はっきり申し上げますと贋作を見分けるのが難しい切手と言われています。

現代の印刷の技術は経年劣化の風合いを出すこともできるため、当時作られたように見せかけることも容易。

素人には見分けがつかないものが多いため、バイセルや福ちゃんのプロの査定員に鑑定してもらうのが無難です。

 

5.飛行郵便試験記念切手を1円でも高く売る3つのコツ

飛行郵便試験記念切手を少しでも高く買い取ってもらうために以下の3つのポイントを覚えておきましょう。

 

FDCを見逃さないようにすること

消印が押されている場合、査定に出す前に消印の日付をチェックしておいてください。

1919年10月3日の消印なら最高で9万円の買取金額がつくはずです。

万が一ですが、査定員が見落としているようなら指摘しましょう。

 

使用済みでも高く売れるので消印があっても査定に出す

FDCで無い場合も希少価値の高い航空切手ですから高く売れます。

すでに消印が押されていても6,000円程度で売れますから、査定に積極的に出していきましょう。

使用済みの方が現存数が少ないため、思わぬ買取金額を提示してもらえるかもしれませんよ。

 

余白がついていたら切り離さないで査定に出す

総数で8万枚しか発行されなかった幻の切手ですから、余白やシート状で残っているものはさらに貴重です。

シートが丸ごと残っていなくても、余白が残っているとコレクター人気が高くなります。

余白の部分はいらないだろうと切り離さないでくださいね。

ココに注意

余白がついている・2枚以上が繋がっている切手はコレクターに人気!切り離さないでそのまま売りましょう。

 

6.飛行郵便試験記念切手のオークション売買には注意!

オークションで直接切手の収集家に飛行郵便試験記念切手を売りたい方は、今からお伝えする注意点をしっかり読んでみてください。

思わぬトラブルに発展する可能性がありますから、よくよく気をつけてくださいね。

 

贋作だった場合トラブルの原因になる

贋作を見分けるのが難しいと言われる飛行郵便試験記念切手ですから、素人が扱うのは少々危険です。

万が一落札されたとしても、コレクターが相手だった場合は贋作を売られたとトラブルになる可能性があります。

返金対応など余計な手間もかかりますから、真贋に自信がない場合はオークション出品はやめておきましょう。

ココに注意

田沢型大正紙切手に石版で飛行機を加刷した切手なので、レプリカが多い。素人判断で本物として出品するのは危険です。

 

オークションでの販売は手数料や送料を負担せねばならないことも

オークションには利用料や落札の手数料がかかります、さらに落札者によっては送料を出品者負担で希望する人も。

特に高額商品になればなるほど、送料負担をお願いされたりすることも多いでしょう。

さらに落札手数料も相場は10%なのでそれだけ差し引かれる金額も高くなります。

 

切手の発送方法にも注意が必要

希少価値の高い飛行郵便試験記念切手ですから、発送方法にも気を使う必要があります。

普通郵便で封筒に切手を入れてそのまま発送してしまうと、配達の間にシワが入ったりしてしまう可能性も。

落札者が写真で確認した状態と違うとクレームが入ることもあります。

価値の高い切手を出品するには、発送まで細かい気遣いをする必要があるのです。

 

希望落札額はあくまで目安でしかない

落札希望額はあくまで目安でしかないので、落札者がさほど多くなければその金額に届かないことがあります。

5万円の落札希望額を出しても、3万円などかなり安い金額で落札されてしまっていることもあるのです。

ある意味賭け事のようなものなので、高い金額で売りたい!という方は買取店に任せた方が無難でしょう。

ココに注意

落札希望額を超える金額で落札されるかは正直運です。確実に高価買取を狙うなら買取店に依頼した方が良いです。

 

7.飛行郵便試験記念切手はバイセル・福ちゃんが安心!

レプリカ品も多い飛行郵便試験記念切手だけに、やはりプロの目でしっかりと鑑定してもらった方が良いでしょう。

バイセルや福ちゃんに在籍している査定員なら、飛行郵便試験切手の真贋鑑定もお手の物。

記念切手買取に強い買取店ですから、買取金額にも期待できますよ。

オークションでは希望の落札金額に届くかも保証されませんから、真贋鑑定もできるプロの手に査定を任せてみませんか?

 

より高く売りたいなら2店舗以上で査定を!

バイセルも福ちゃんも評判の良い買取店ですから、どちらを利用するか迷ってしまいますよね。

どちらも査定料がかかりませんから、2つの買取店に同時に見積もりを依頼してみましょう。

2社に依頼しておけば、どちらかより高く買取をしてくれるか判断しやすいからです。

ぜひ両方に買取依頼をして、見積もりを比べてからどちらに売るか決めてみてください。

 

スピード買取がいいならバイセルがおすすめ!

切手の価値は年々さがっていますし、材質が紙なので自宅保管では日々劣化してしまうものですから、早く切手を売るのに越したことはありません。

スピーディな買取で有名なバイセルなら、売ろうと思ったタイミングで飛行郵便試験記念切手を買取してもらえます。

申し込みから30分以内で査定に来てくれたという口コミもあり、お急ぎの方にぴったりな買取店と言えるでしょう。

バイセルのポイント

  • 申し込みから30分以内に査定に来てもらえるスピード感
  • 切手の買取実績が豊富なので安心して飛行郵便試験記念切手の買取を任せられる
  • 無店舗経営することで経費をカットして切手の高価買取を実現

バイセルの無料査定はコチラから

 

安心の専門査定がいいなら福ちゃんがおすすめ!

切手買取実績が豊富な買取店は、それだけ査定のレベルも高いと言えます。

査定実績が豊富で記念切手の買取に強い福ちゃんなら、しっかりと飛行郵便試験記念切手の価値を見極めてくれるでしょう。

切手の状態や歴史背景をしっかりと把握した査定員が、適正な金額で切手買取をしてくれます。

福ちゃんのポイント

  • 査定スタッフの対応の丁寧さや査定の正確さに定評がある
  • 1枚ずつしっかりと丁寧に切手を査定してくれる誠実な対応
  • 色ヤケのある切手でも買取金額が予想以上に高かったという口コミが多い

福ちゃんの無料査定はコチラから

-記念切手

Copyright© 【全10社比較】切手買取おすすめランキング|口コミ体験談から学ぶ賢い売り方 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.