記念切手

【高価買取は不可能?】裕仁立太子記念切手の買取価格はどのくらい?

投稿日:

激動の時代である昭和の日本の君主であった昭和天皇。

昭和天皇が明治天皇の即位に伴い皇太子となった時に発行された「裕仁親王記念切手」は、種類によってはかなりの値段で売れるプレミアのついた切手です。

この記事では裕仁親王記念切手の買取相場、おすすめの買取店や買取金額を高くするコツをご紹介!

切手買取を検討している方のお役に立ちますので、ぜひ最後までお読みください。

 

1.裕仁立太子記念切手の買取価格はどのくらい?

使用済 未使用 セット FDC シート
1.5銭 50円 400円 8万
〜10万
4万 5万
〜8万
3銭 70円 600円 4万 8万
〜10万
10銭 1万5千円 4万
〜7万
5万 1,000万
〜3,000万

各社の切手買取相場をリサーチしたところ、裕仁親王記念切手の買取価格は上記のような相場で取引されているようです。

希少ではありますがシート状のものだと、数万円、特に10銭のものは超高額。

基本的に未使用のものが高く売れる傾向にあることが分かりました。

 

10銭はプレミア価値があり高価買取が可能

10銭はかなりのプレミアがついており、使用済みの切手でも1万円を超える金額で取引されています。

未使用ならば4万円から7万円とかなりの金額の買取が期待できるのもポイント。

さらにシート状(100枚綴り)のものを持っていれば、1,000万円以上の金額での買取も期待できるプレミア切手です。

 

FDC(初日カバー)を持って入ればラッキー!

切手が発行された当日の消印が押されたFDCを持っている方は、使用済みだと価値の下がる1.5銭や3銭の切手でも4万円以上の金額で買取を期待できます。

 

3種完品でさらに高価買取が期待できる

3種の金額を全て持っている場合は、10万円程度で買取してもらえる可能性があります。

さらに美品の場合はそれよりも高い値段がつくこともありますから、セットで売るに越したことはないでしょう。

 

2.裕仁立太子記念切手を高く売るならバイセル・福ちゃん!

切手自体の価値が高い裕仁立太子記念切手ですが、より高い値段で売るならバイセルや福ちゃんなどの切手買取専門店の利用がおすすめ。

バイセルと福ちゃんは業界でも最大手の切手買取店で、切手買取実績もコレクターへの販路も広く持っています。

どちらも無料で査定をしてもらえるのも嬉しいポイント。

後ほどそれぞれの店舗のメリットをお伝えしますから、ぜひ買取店選びの際はバイセルと福ちゃんを候補に入れてみてくださいね。

 

複数社査定なら一番高いところに売れる!

さらにもう1つ切手買取の価格を上げる方法をお伝えします。

それは複数の会社に見積もりを取ることです。

例えばバイセル、福ちゃんの両方の会社に裕仁立太子記念切手の査定を依頼してどちらか高い見積もりが出た方に売るのです。

無料査定を行っているお店なので、利用者負担がなく気軽に利用できますよね。

ぜひ最高値で買ってくれる買取店を見極めるために、複数の会社に査定を依頼してみてください。

 

迅速スピード買取ならバイセルがおすすめ!

価値のある切手を早く売ってお金に変えたいなら、迅速な対応で有名なバイセルへ。

バイセルの査定は非常にスピーディで、地域によっては切手査定申込をした30分後に査定を受けることができるんです。

全国に出張査定員が配備されていますので、早く切手を売ってしまいたい方に非常におすすめの買取店です。

バイセルのポイント

  • 申し込みから最短30分で出張買取に来てくれる対応の早さ
  • 事前相談・アフターフォローも手厚いので安心
  • 無店舗経営することで経費をカットして切手の高価買取を実現

バイセルの無料査定はコチラから

 

親切丁寧な買取なら福ちゃんがおすすめ!

買取店選びにはスタッフの接客能力も重視したい、という方は福ちゃんへ。

福ちゃんの査定員の対応は非常に評判が良く、査定の内容の説明も分かりやすいと評判なのです。

切手買取実績も多い買取店ですから、接客面においても査定面にもおいても信頼を置くことができます。

福ちゃんのポイント

  • 査定スタッフの対応の丁寧さや査定の正確さに定評がある
  • 1枚ずつしっかりと丁寧に切手を査定してくれる誠実な対応
  • 切手のまとめ売りの際にも価値ある切手を見落とさない査定能力の高さ

福ちゃんの無料査定はコチラから

 

3.裕仁立太子記念切手ってどんな切手なの?

切手の買取の際に査定員からも説明があるかもしれませんが、裕仁立太子記念切手がどんなものか知っておきましょう。

時代背景を理解することで、査定の値段などへの理解が深まります。

 

種類は全部で3種類

冒頭のデータでもご紹介していますが、裕仁立太子記念切手は全部で3種類の金額と図柄で発行されています。

発行されたのは1916年11月3日、裕仁親王が明治天皇の即位により立太子の儀を受けたことを記念して発行されました。

ココがポイント

太子の儀とは…親王が自分を天皇の後継者であると宣言する儀式のことです。

日本でも天皇の即位や立太子は最高行事とされていますから、それだけコレクターにも人気の高い記念切手になっています。

それぞれの切手について説明するので、ぜひ読んでみてくださいね。

 

1.5銭の裕仁立太子記念切手

もっとも発行部数が多かったのが裕仁立太子記念切手の中でも1.5銭の切手です。

647万2000枚が発行されていて、紋様はオシドリが採用されています。

 

3銭の裕仁立太子記念切手

次に多く発行されたのが3銭の切手で、発行枚数は576万2000枚とこちらもかなり多くの枚数が発行されました。

紋様自体はオシドリで1.5銭と同様ですが、色が赤色と黄色を採用しています。

ココがポイント

1.5銭と3銭は発行枚数がかなり多いために、現代でも買取金額がかなり低くなっているのです。

 

10銭の裕仁立太子記念切手

一方裕仁立太子記念切手の中でも10銭切手は額面が高額なのもあり、8万6000枚しか発行されませんでした。

図案は儀式に使われる冠で、立太子の儀になぞらえたデザインになっています。

 

日本で初めてとなる3色刷りの切手

今までの日本切手は単色刷りでセピア調のものが多かったのですが、裕仁立太子記念切手からは3色刷りが採用されました。

1.5銭切手は日本で初めて発行された色鮮やかな切手で、当初はかなり人気がありました。

コレクターとしてはぜひ3種類揃えておきたい、日本の歴史でも価値のある切手なのです。

 

10銭の「儀式のかんむり」は希少価値が高い

切手コレクターの憧れの切手とも言われる「儀式の冠」は、発行枚数がかなり少なかったことから買取金額が高騰しています。

またデザインが日本の歴史でも大きな出来事である、立太子の儀式に使われている冠をデザインされていることも人気の理由の1つ。

使用済みのものでも消印の種類によって10万近い金額で落札されたことがある超プレミア切手です。

 

4.裕仁立太子記念切手が少しでも高く売れるポイント3つ

出来るだけ高く裕仁立太子記念切手を売るためにも、これから紹介する3つのポイントを押さえておきましょう。

 

3種類のセットで売ればより高く売れる

3種類の金額と図柄で発行された裕仁立太子記念切手は、セットで売ることでバラよりもかなり高い金額の取引が期待できます。

10万円を超えることもあるので、1枚手元にあるのなら他の種類がないか探してから売りましょう。

ココがポイント

3種類セット(完品)の状態で売ることでより高い金額で買ってもらえます。

 

シートを持っていれば1,000万円超え

10銭の裕仁立太子記念切手は100枚繋がったシートのままであれば1,000万円を超える金額で買取が期待できるでしょう。

最高で3,000万円という査定結果もあるので、宝くじを当てるくらいの金額を手にできますよ。

また完全なシート状でなくても繋がっている状態の方が高く売れるので、切り離したりしないように注意してください。

ココに注意

切手は2枚以上が繋がっている方が希少価値が高い!切り離さないで売ること。

 

朝鮮櫛形時刻入り満月印は10万円で落札されたこともある

消印がある使用済みのものは買取金額が下がるのが一般的ですが、消印の種類によっては高額買取が期待できます。

例えば10銭切手の使用済みで朝鮮櫛形時刻入り満月印が押されたものは、10万円弱の金額で買取されたことがあります。

また1916年11月3日の消印が押されたFDCは1.5銭や3銭でも4万円程度で査定が出たこともあるんです。

ココに注意

使用済みだからといって捨てる前に査定に出してもらうのが良いでしょう。

 

5.裕仁立太子記念切手はオークションで高く売れる?

オークションで売った方が高く売れるのでは、と期待している方はこちらを読んで出品を検討してください。

 

オークションの手数料はバカにならない!

オークションの手数料は10%程度と意外とバカにならない金額がかかります。

売り上げから1割程度引かれてしまうので、想定の金額よりも手元に残る金額が少なくなります。

出品には手数料がかかるということを覚えておきましょう。

 

オークションはギャンブルに近い

オークションでもプレミアのついた切手はやり取りされていますが、時期やタイミングではかなり安い金額で落札されて悔しい思いをすることも。

たまたまコレクターが裕仁立太子記念切手を見つけてくれるとは限りません。

希望の落札金額に届かないまま落札されてしまうこともありますから、ある意味オークションはギャンブルに近いのです。

 

出品手配が面倒

オークション出品の際は切手の詳細情報や状態を伝えるための写真が必要です。

状態を正しく伝えられていない場合、後からトラブルの原因となることもあります。

複数枚の写真の用意や状態の入力の手間を考えると、意外と面倒なのがオークション出品です。

ココに注意

写真でも切手の状態が正しく伝わらないこともあり、その際は取引相手からクレームが入ることもあります。

 

6.裕仁立太子記念切手はバイセル・福ちゃんなら高く売れる!

面倒な写真の手配や手数料の心配がなく切手を売りたいならバイセルや福ちゃんのような買取店を利用しましょう。

国内・国外を問わずに切手コレクターへの販路を持っていますから、相場以上の値段での買取を期待できます。

また手数料もかかりませんから、実質オークションなどよりも受け取れる金額は多いと言えるでしょう。

 

相見積もりをとることで査定額アップ!

さらにもう1つ切手買取の価格を上げる方法をお伝えします。

それは複数の会社に見積もりを取ることです。

例えばバイセル、福ちゃんの両方の会社に裕仁立太子記念切手の査定を依頼してどちらか高い見積もりが出た方に売るのです。

無料査定を行っているお店なので、利用者負担がなく気軽に利用できますよね。

ぜひ最高値で買ってくれる買取店を見極めるために、複数の会社に査定を依頼してみてください。

高価買取を狙うならバイセルがおすすめ!

価値のある切手を早く売ってお金に変えたいなら、高価買取で有名なバイセルへ。

バイセルは切手買取の金額にかなり自信を持っているので、立太子記念切手などの記念切手を高く買うことが可能です。

全国に出張査定員が配備されていますので、早く、高く切手を売ってしまいたい方に非常におすすめの買取店です。

バイセルのポイント

  • 申し込みから最短30分で出張買取に来てくれる対応の早さ
  • 事前相談・アフターフォローも手厚いので安心
  • 無店舗経営することで経費をカットして切手の高価買取を実現

バイセルの無料査定はコチラから

 

丁寧な査定がいいなら福ちゃんがおすすめ!

買取店選びにはスタッフの接客能力も重視したい、という方は福ちゃんへ。

福ちゃんの査定員の対応は非常に評判が良く、査定の内容の説明も分かりやすいと評判なのです。

切手買取実績も多い買取店ですから、接客面においても査定面にもおいても信頼を置くことができます。

福ちゃんのポイント

  • 査定スタッフの対応の丁寧さや査定の正確さに定評がある
  • 1枚ずつしっかりと丁寧に切手を査定してくれる誠実な対応
  • 切手のまとめ売りの際にも価値ある切手を見落とさない査定能力の高さ

福ちゃんの無料査定はコチラから

-記念切手

Copyright© 【全10社比較】切手買取おすすめランキング|口コミ体験談から学ぶ賢い売り方 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.