記念切手

【初日カバー8万円?】日清戦争勝利記念切手の買取価格はどのくらい?

更新日:

日清戦争での活躍で知られる「有栖川宮熾仁親王(ありすがわのみやたるひとしんのう)」と「北白川宮能久親王(きたしらかわのみやよしひさしんのう)」を意匠に採用した日清戦争勝利記念切手。

かなり高値で買い取りになると言われる大日本帝国郵便から発行された2枚目の日清戦争への勝利を記念した記念切手です。

この記事では、この二つの記念切手がどの程度の値段で買い取りになるのかを紹介します。

さらに効果買取が可能な買取店や高価買取を狙うコツをお伝えしますので、日清戦争勝利記念切手を売ろうと思っている方は参考にしてくださいね。

 

1.日清戦争勝利記念切手の買取価格相場はいくら?

使用済
バラ
未使用 20枚
シート
100枚
シート
FDC
有栖川宮
熾仁親王
2銭
1,000円
〜1,500円
2,000円
〜3,000円
20万円 50万円
〜100万円
5万円
〜7万円
有栖川宮
熾仁親王
5銭
2,500円
程度
4,000円
〜7,000円
50万円 200万円
〜300万円
8万円
程度
北白川宮
能久親王
2銭
1,000円
〜1,500円
2,000円
〜3,000円
20万円 50万円
〜120万円
5万円
〜7万円
北白川宮
能久親王
5銭
2,500円
程度
4,000円
〜7,000円
50万円 200万円
〜300万円
8万円
程度

消印が押された使用済みの状態でも、1,000円以上で買い取ってもらえることが分かりますよね。

さらに大変希少な20枚シート、100枚シートが手元にある場合は数十万円から100万円越えのちょっとした宝くじ並みの金額を受け取れることも。

使用済みでも1,000円以上になりますから、日清戦争勝利記念切手を売ればかなりの金額を受け取れると思っておいて良いでしょう。

 

FDC(初日カバー)の切手なら最大8万円で買取可能!

さらに日清戦争勝利記念切手のFDC(First Day Cover=初日カバー)を持っているなら、使用済みの切り離された切手でも5万円から7万円以上で買取を期待できるのです。

ココがポイント

FDCとは…発行当日である1896年8月1日の消印が押された切手のこと。消印が押されていても格段に価値が高くなります。

さらに高額を狙うなら20枚シート、または100枚シートで売ること。

シート状の切手はバラ切手よりも価値が高くなりますが、100枚シートなら数百万円以上の金額を期待できます!

 

2銭より5銭切手のほうが価値・買取価格ともに高い

データを見てみると、4種類の日清戦争勝利記念切手を額面別に比べると、2銭よりも5銭の方が買取金額が高いですよね。

後ほど詳しくご紹介しますが、2銭切手はどの絵柄も1000万枚と大量に発行されたのに対して、5銭切手は210万枚と5分の1以下の部数しか発売されなかったのです。

従ってどちらの肖像画の切手も5銭の切手の方がレアなため価値が上がりますから、相対的に買取金額も高くなるのです。

特に5銭切手のシートを発見したら、一攫千金のチャンスと言えるでしょう。

 

バラ切手でも高く売れるため査定に出す価値あり

仮におうちにある日清戦争勝利記念切手が切り離したバラバラの状態でも価値が高いです。

特に5銭の未使用の状態の切手なら、数千円以上では買取をしてもらえるでしょう。

数枚あれば1万円以上を受け取ることも可能なので、バラでも査定に出す価値のある記念切手の1つと言えるでしょう。

 

2.日清戦争勝利記念切手を高く売るならバイセル・福ちゃん

バイセルと福ちゃんという切手買取店を聞いたことがありますか?

Web広告とテレビCMなどでもおなじみの大手の切手買取を行う会社です。

日清戦争記念切手の買取を依頼するなら、経験と知名度も大きなこの2つの会社を利用することをおすすめします。

双方切手買取専門部署がありますから、経験や実績も豊富。

さらに査定の際に利用者が負担する金額が無料なので、お得に切手買取を依頼することができますよ。

もちろん買取価格についての口コミを見ても評判の良いものばかり。

ぜひ買取店をお探しの方は売却先の候補として検討してみてください。

 

2店舗以上の査定でさらに高く売れる

なぜ2つの会社をおすすめするのかというと、相見積もりを取ることで日清戦争勝利記念切手の買取価格を出来るだけ高くすることができるからです。

Aという会社では数千円でも、Bという会社では2倍の値段で売れる、そんなことが切手買取には起こり得ます。

そういった差を無くすためにも、必ずバイセル、福ちゃんを含めた2店舗以上に買取の前に査定を取っておきましょう。

ここがポイント:買取金額に差があった場合は、先に見積もりが出た会社に「他社の方が高い査定が出た」と伝えてみましょう。査定金額を上げてもらえる可能性があります。

せっかくレア度の高い日清戦争勝利記念切手を持っているのですから、最大限買取金額を上げるようにぜひ2店舗以上に査定を出してくださいね。

 

高額買取が目的ならバイセルがおすすめ!

とにかく高く売りたい!という方はバイセルの査定員に日清戦争勝利記念切手を査定してもらいましょう。

切手買取店はたくさんありますが、特に買取金額の高さに定評があるのがバイセル。

大手だけに販売ルートが多いことや店舗を作らずに出張などを主体で買取することで経費を抑えていますから、それだけ買取金額を上げることが可能なのです。

バイセルのポイント

  • 日清戦勝利記念切手などの切手買取金額が高いと評判が高い
  • 事前に無料相談を受けられるなどの顧客サポート体制が手厚い
  • 無店舗経営することで経費をカットして切手の高価買取を実現

バイセルの無料査定はコチラから

 

丁寧な対応がいいなら福ちゃんがおすすめ!

切手買取で出張買取や宅配買取を利用する際、店員の対応も気になりますよね。

そんな方は福ちゃんがおすすめです。

福ちゃんは接客スタッフの対応に定評がありますから、気持ちよく日清戦争勝利記念切手を売ることができるでしょう。

福ちゃんのポイント

  • 査定スタッフの対応の丁寧さや査定の正確さに定評がある
  • 時代背景や歴史をしっかりと理解した査定をしてくれるので信頼が置ける
  • 大量に切手を査定しても1枚ずつしっかりと丁寧に査定をしてくれる

福ちゃんの無料査定はコチラから

 

3.日清戦争勝利記念切手とは?

査定の前に切手の持つ時代背景や歴史を知っておくと、査定員の話を理解しやすくなります。

査定員との話も弾みますから、ぜひ今から紹介する日清戦争勝利記念切手の歴史なども軽く知っておくと楽しいですよ。

日本で2番目の記念切手である「日清戦争勝利記念切手」は、日本が清国に対して宣戦布告した1894年8月1日の2年後である1896年8月1日に発行された切手です。

大日本帝国郵便から発行された記念切手としては2枚目、明治天皇銀婚記念切手に次いで発行されました。

さらにこの切手の特徴は従来と違った印刷技術・初めて肖像画を使用したこと、紙にも輸入した洋紙を使用したことの3つ。

当初は負け戦と思われていた日清戦争への勝利を祝福して作られた記念切手なのです。

 

日清戦争とは

出典:Wikipedia

まず日清戦争について軽くおさらいしておきましょう。

日清戦争は日本と中国(当時は清国)の間で勃発した戦争で、1894年8月1日に日本からの朝鮮解放を大義名分とした宣戦布告によって開戦しました。

開戦の理由は清国の属国のようになっていた朝鮮半島を1つの国家として独立させること、また東洋エリアの平和を保つというもの。

ココがポイント

日本は朝鮮を中国から独立させ、日本の利益拡大を図っただけという説もあります。

これに対して清国側も「日本に干渉される筋合いはない、朝鮮を手放さない!」という意思表示をして開戦したものです。

ココがポイント

当時西欧列強がアジア圏を植民地化する動きが強かったため、当時大国であった中国はこれに危機感を覚えていたそうです。その背景からなおさら朝鮮を手放すわけにはいかなかったのです。

当時国土と兵力が圧倒的な清国が優勢と全世界から思われていましたが、国を挙げて一丸となって戦う日本の戦略に対して清国の兵士の統率が取れていなかったと言われます。

こういった兵力の乱れが要因となり、優勢と思われていた清国は敗戦に追い込まれて行くことに。

そして開戦から半年後にイタリア・イギリスの仲介によって清国が日本に講和を持ちかけて講和条約を結ぶ運びとなりました。

この講和によって日本は2億円という当時の国家予算の2倍もの賠償金を獲得。

さらにこの賠償金を軍事増強にあてて、大東和共栄圏の拡大を目指して日露戦争、世界大戦へと参戦していくのです。

 

日清戦争勝利記念切手は全部で4種類

世界から劣勢と思われていた日清戦争の勝利を祝う日清戦争勝利切手は、有栖川宮熾仁親王と北白川宮能久親王の肖像画を意匠として、金額は2銭と5銭の4種類が発行されています。

ココがポイント

2銭の切手はどれも1000万枚と大量発行されていますが、5銭の切手は210万枚しか発行されていません。。

明治天皇銀婚記念切手は”何の記念かという名称”が印字されているのですが、日清戦争勝利記念切手には”日清戦争勝利記念”という文字はありません。

記念名称を印字しなかったのは、敗戦国となった清国や欧米列強に対して刺激をしないように配慮されたそうです。

 

有栖川宮熾仁親王(2銭・5銭)

有栖川宮熾仁親王は日清戦争で参謀総長として広島大本営で働いていました。

しかし親王は広島大本営で当時流行っていた腸チフスにかかり、一時は回復しましたが翌年に症状が悪化して危篤となります。

そしてそのまま戦争中に薨去(亡くなること)してしまうのです。

明治天皇を力強く支えた軍人でもあった有栖川宮熾仁親王をたたえて、肖像画が採用されました。

額面が赤の物は2銭、青のものは5銭で同じ肖像画を色違いで印刷した切手です。

 

北白川宮能久親王(2銭・5銭)

悲劇の皇族として知られる北白川宮能久親王は、幼い頃は親王家の庶子として育ち、幕末には仙台藩に身を寄せたために一時は朝廷の的とみなされるなど波乱の人生を送りました。

一時は謹慎処分とされ、親王の身分を奪われたこともありますが、地位を回復して日清戦争の時は台湾征討近衛師団長として出征していました。

しかし現地でマラリアに感染してしまう、台湾を平定する前に薨去してしまいます。

ここがポイント:北白川宮能久親王は皇族で初めて外国で殉職した皇族です。死後に陸軍大将に昇格しました。

 

日本で初めて肖像画が使われた切手

日清戦争勝利記念切手は、日本では初めて肖像画を意匠として採用した記念切手です。

ココがポイント

日本で初めての記念切手となる明治天皇銀婚記念切手は、菊の紋章とつがいの鶴という図柄でした。

理由としては日清戦争の最中に軍を率いて殉職してしまった有栖川宮熾仁親王と北白川宮能久親王、2人の皇族の勝利への貢献を称える意味もあったのです。

この切手は大人気となり、異例の8ヶ月間にもわたって発行と発売が続けられました。

 

初めて彫刻凹版の技術が使われた

当時日本の切手は凸版印刷という技術を使って作られていました。

ここがポイント:凸版印刷とは…文字中心の印刷に適した技術で、ハンコのように描写したい文字以外の部分を凹ませた原画を使用するものです。

しかし日清戦争勝利記念切手には、彫刻凹版印刷という非常に難しい技術が用いられました。

手法としては金属の凹んだ部分にインクをつけて、圧力をかけて印刷するものです。

コストも高く、高い金属印刷ができる職人が必要なので、偽造が難しくレプリカを作りにくいと言われています。

皇族の肖像を使用するということで、かなりコストや労力をかけて作られた切手です。

さらに使用時にも非常に気が使われていて、顔にかぶる真ん中には消印を押さず、かなり端の方に消印を押すようにしていたそうです。

 

4.日清戦争勝利記念切手をより高く売るための方法3つ

高い技術と海外からの輸入紙を使用して作られた日清戦争勝利記念切手、どうせなら高く買い取ってもらいましょう!

高価買取を狙うコツを3つお伝えしますから、ぜひ覚えておいてください。

 

FDCを見つけたら封筒から剥がさない

FDC(初日カバー)の日清戦争勝利記念切手があったら、そのまま査定に出しましょう!

間違っても消印がある使用済み切手として捨てたりしないように注意してください。

また封筒から剥がすと消印の部分が不鮮明になる、切手が破れるなどの切手の価値を著しく下げますからそのまま査定に出してください。

ココに注意

FDCは消印に価値がある!決して消印の部分を劣化させないように気をつけて査定に出しましょう。

 

シートがあったら100万円越えも期待できる

最初に紹介したデータのように、日清戦争勝利記念切手は100枚シートなら最高で100万円以上で買取してもらます。

20枚シートでも数十万になりますから、シートのまま査定に出すのが正解です。

切り離すとバラの価格まで買取金額が下がってしまいますから、切り離してはいけません。

 

色焼けを防ぐために暗所に保管すること

1896年に発行された切手のため、すでに劣化が進んでいる可能性があります。

買取店での査定結果を調査すると、色ヤケがあることが査定金額の低下の原因となっていました。

切手の保管状態が問題なければ査定金額が比例して上がります。

ここに注意:日清戦争勝利記念切手のこれ以上の劣化を防ぐために、暗所に保管してください。

 

5.日清戦争勝利記念切手はオークションで高く売れる?

オークションなら買取店を通さなくても、コレクターに高く売れるのでは?という理由でオークションへの出品を考えている方もいるかもしれません。

しかしできれば買取店の査定を見てからオークションへの出品を検討していただきたいところです。

いくつか理由をお伝えしますから、ぜひ参考にして出品を決めてくださいね。

 

未使用品でも買取店の相場の2分の1程度で落札されている

オークションの落札結果をリサーチしたところ、日清戦争勝利記念切手の5せんの切手の使用済みが100円以下で取引されていました。

高くても2,000円程度とかなり安値での落札になってしまっています。

これは現状切手のコレクターが減っていること、切手の価値が認知されていないこともありそもそも入札者自体が少ないため。

たまたま熱心な切手コレクターがオークションを見ていなければ、期待よりも低い金額で落札されてしまうのです。

ここが注意:買取店のように国内外のコレクターやバイヤーに販路がないため、希望の金額に届かないことが多々あるようです。

 

切手の状態を伝えるのが困難

明治時代以降に発行された切手ですと、かなりの年数が経過しているためそれなりの劣化は見られると思います。

切手の状態を正しく判断して伝えることは、写真を使用してもかなり困難なため落札後に「劣化が激しい」などと文句をいわれることも。

素人には切手の劣化度合いが判断できないこともありますから、切手の知識が豊富でない限りは出品の際にコレクションの状態を伝えるのはかなり困難です。

後々のトラブルのことも考えると、専門の切手買取店に依頼したほうが無難ではないでしょうか。

 

切手の落札手数料などの諸経費がかかる

さらにオークションサイトでは落札に対して手数料がかかります。

売上金の数パーセント〜10パーセント程度を差し引いた金額を受け取れるのですが、発送の際の手数料なども想定しておかねばなりません。

手軽にオークションで日清戦争勝利記念切手を売ることはできますが、それだけ経費もかかります。

ココがポイント

バイセルや福ちゃんなどの切手買取店は査定料が無料ですから、諸経費を削減することができます。

 

6.日清戦争勝利記念切手を売るならバイセル・福ちゃんがオススメ

オークションサイトと比較しても、日清戦争勝利記念切手を売るならばバイセル、福ちゃんを利用することがおすすめです。

まず買取金額がオークション落札金額よりも高いこと、そして査定料やキャンセル料が無料なので経費をかけずに切手買取をしてもらえるからです。

切手の状態を見極めるのに十分なスキルを持ったスタッフが在籍していますから、売る側としても納得できる査定額を提示してもらえるでしょう。

 

相見積もりをとることでより高く売れる

相見積もりを取ることで日清戦争勝利記念切手の買取価格を相場以上にできる可能性があります。

Aという会社では数千円でも、Bという会社では2倍の値段で売れる、そんなことが切手買取には起こり得ます。

そういった差を無くすためにも、必ずバイセル、福ちゃんを含めた2店舗以上に買取の前に査定を取っておきましょう。

ここがポイント:買取金額に差があった場合は、先に見積もりが出た会社に「他社の方が高い査定が出た」と伝えてみましょう。査定金額を上げてもらえる可能性があります。

せっかくレア度の高い日清戦争勝利記念切手を持っているのですから、相見積もりを取ることを忘れないでくださいね。

 

スピード買取を希望するならバイセルがおすすめ!

切手の材質は紙ですから、なるべく早く売らないと日に日に価値が下がってしまいます。

お急ぎの方は査定のスピードに定評のあるバイセルで日清戦争勝利記念切手を売りましょう。

最短で申し込みから30分以内に査定に来てくれる早さが売り。

もちろん査定金額についても定評がありますから、高くて早い買取を期待するならバイセルが良いでしょう。

バイセルのポイント

  • 出張買取の際のスピードが非常に早いことで有名なので急いでいる方にぴったり
  • 事前に無料相談を受けられるなどの顧客サポート体制が手厚い
  • 無店舗経営することで経費をカットして切手の高価買取を実現

バイセルの無料査定はコチラから

 

丁寧な査定を希望するなら福ちゃんがおすすめ!

切手買取で出張買取や宅配買取を利用する際、店員の対応や査定の丁寧さも気になりますよね。

そんな方は丁寧に査定をしてくれると口コミが良い福ちゃんがおすすめです。

福ちゃんは接客スタッフの対応に定評がありますから、気持ちよく日清戦争勝利記念切手を売ることができるでしょう。

福ちゃんのポイント

  • 国内外に独自の販売ルートを持っているので高額査定をしてもらえる
  • 時代背景や歴史をしっかりと理解した査定をしてくれるので信頼が置ける
  • 大量に切手を査定しても1枚ずつしっかりと丁寧に査定をしてくれる

福ちゃんの無料査定はコチラから

-記念切手

Copyright© 【全10社比較】切手買取おすすめランキング|口コミ体験談から学ぶ賢い売り方 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.